« 【映画評】映画 レイトン教授と永遠の歌姫 THE ETERNAL DIVA | メイン | 【映画評】よなよなペンギン »

2009年12 月26日 (土曜日)

【映画評】アバター [3D] (2009)

地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。

【満足度:★★★★】 [3D映画] (鑑賞日:2009/12/25)

 『ターミネーター』(1984年)、『タイタニック』(1997年)のジェームズ・キャメロン監督、12年ぶりの新作。
 「野生の王国~衛星パンドラ編」てな感じの壮大なSFアドベンチャー巨編。
  緻密な考証と精細なCGで作り上げられた架空の世界観、息を呑む美しい映像は必見。ただ、本格SFとしては今一歩。

 戦闘での負傷のため車椅子での生活を余儀なくされている元海兵隊員のジョイク・サミー(サム・ワーシントン)は、事故で亡くなった双子の兄の科学者トミーの代わりにあるプロジェクトに参加するため、地球から5光年離れた惑星を周回する惑星パンドラへ向かう。
 宇宙船での約6年にわたる人工冬眠の末にたどり着いたその星パンドラは地球によく似た環境だったが、その大気は地球人には適合せず、酸素マスクなしでは数分で命を落とすようなところで、この星を覆うジャングルにはどう猛な動物たちが生息している。
 地球人たちはこの星に存在する貴重な鉱石“アンオブタニウム”を手に入れるため、鉱山の上に集落を作っている青い肌をした原住民“ナヴィ”の一族を立ち退かせようしていた。
 ジェイクに与えられた任務は、ナヴィと人間とのDNAを掛け合わせた肉体“アバター”と意識をリンクさせ、アバターを遠隔操作する“ドライバー”となること。同じDNAを持つ兄トミーの代役としてリンクに成功したジェイクは、自由に走り回れる新しい身体に喜びを隠さなかった。
 ある日、この星の植物を研究している科学者グレース(シガーニー・ウィーバー)、ノーム(ジョエル・デヴィッド・ムーア)らを警護してジャングルに入ったジェイクは、思わぬ事故で一行からはぐれてしまう。単身ジャングルに置き去りとなってしまった彼は、夜の闇の中で獣の群れに襲われていたところを原住民ナヴィの族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)に助けられるのだが…。

 3D字幕版での鑑賞。運良くど真ん中のベストポジションで観ることができた。
 なにはともあれ革命的と言われるその映像面。これはもう完璧で申し分ない。

 架空の星の美しい映像がCGによるものとわかるのは、それが「現実には存在しないから」という理由だけで、質感がCGっぽいとか、グリーンバックとのつなぎ目がどうとか、そういった技術的粗探しはまったくの徒労に終わる。
 ただ筆者としては、そういう技術的革新は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年、監督:ピーター・ジャクソン)ですでに大きな山を越えたと感じていたので、これはその後の成熟と考えた方がいいと思う。

 3D映画、すなわち立体映画としても、右目と左目でズラした映像を観るという基本的な仕組みは昔から変わらないものなので、それ自体はとりたてて特別視するものではない。
 しかしこれまでと決定的に違うのは、これが新たに専用の撮影機材から開発して撮影された実写映画であること。
 実写の立体映画というだけならこれまでにいくつもあったが、専用に機材を開発したことで演出の自由度は格段に高まる。これだけでもそれまでとは一線を画す実写立体映画になり得たと思うが、さらに現代最高のCG技術が組み合わさったのだから、映像としての技術的制約はまったく感じさせない。

 そしてこういった技術的裏付けのもとで、名匠ジェームズ・キャメロン監督が思う存分時間を掛けて、立体映画として考え抜いた演出を発揮しているのだから、そりゃもう、身を乗り出してしまうほど、もの凄いものに仕上がってる。

 話題の3D版で観ることに越したことはないと思うが、近場の映画館で上映されていないなどの理由でやむなく2D版でしか観られないというならそれも仕方ない。それでもこの映画のもつ映像的凄みはきっと伝わるはずと思うので、とにかく観よう。何年、何十年も先まで語りぐさになる映画には違いないから。

 3Dを活かした立体的な映像もさることながら、この映画でなにより驚愕されるのは、舞台となる架空の星パンドラの世界観そのものだ。
 SFとは映像だと言わんばかりの迫真の映像世界がそこに広がる。

 地形や動植物の造型はもとより、その生態系や習性、原住民ナヴィの生活習慣、独自の言語体系にいたるまで、相当綿密に考証されていることが映画の端々からうかがい知れる。
 これまさに「野生の王国~衛星パンドラ編」。「宇宙ウルルン滞在記~衛星パンドラの美しき大自然と寄りそって暮らす素朴な原住民ナヴィに…元海兵隊員ジョイクが出会った」でもいいが。
 付け加えると、導入部の宇宙ステーションや基地内の近未来的計器などもはなはだ“らしく”存在して、SF映画の真骨頂。

 とまあ、躍動感に満ちた演出も含め、映像的なところはまったくケチの付けようがない素晴らしいもの。

 ただねぇ、脚本がちょっと残念な出来でして。
 設定はよく考えられているし、エモーショナルな演出にもごまかされそうになるんだけれど、どうも詰めが甘い。

 ひとつには予告から予想された通りの平凡なお話ってのもある。
 でもそれは米アカデミー賞受賞作『ダンス・ウィズ・ウルブス』(1990年、監督:ケビン・コスナー)に代表される異文化に触れて解り合うお話の王道ってことであって、それだけならそんなに残念てことにはならなかったはず。
 キャメロン監督の代表作『タイタニック』は教科書通りのロミオとジュリエット物語だったし、『ターミネーター』だって巻き込まれ型アクションの典型。
 このようにキャメロン監督には王道を上手に料理してみせる確かな腕があるし、その実力はこの映画でも遺憾なく発揮されている。
 だからそんな大枠は否定しないんだけど、些細な引っかかりの積み重ねが、目に余るアラに感じられてしまった。

 シガーニー・ウィーバー演じる科学者グレースはいまひとつ立ち位置がはっきりしなかったのに、いつのまにか“イイもん”になってた印象だし、戦場で生死を賭けて戦っていた元海兵隊員ジョイクが、きっと彼が初めて目にするであろう未知の果実を「食べて大丈夫?」との躊躇もなくすぐさまかぶりついたのも不思議だったし、訳あって閉じ込められたジョイクたちを助け出す面々に「お前ら、いつの間にそこまで仲間意識が強まってた?」と怪訝に感じた。
 ヒロイン・ネイティリのクライマックスでのジョイクに対する心変わりも、ん?って感じ。まあ、女心は変わりやすいっていうけどさぁ、あれじゃ展開優先のご都合主義でしょ。

 また、SFとしても、架空の星の世界観をよくぞここまで作り上げたなと感心はするんだけれど、一方で、根幹の目的である地球人が命がけで奪おうとする鉱石“アンオブタニウム”の説明はただ高価っていうだけで、なぜその鉱石が凄いのかはまるでわからずじまい。
 細かいことを言えば、原住民ナヴィの肌が青いのもSF的になんか理由付けがあるのかもと思っていたんだけれど、それは言及されず。

 鉱石については、机の上で浮いていたので、ひょっとしたら『天空の城ラピュタ』(1986年、監督:宮崎駿)に出てくる“飛行石”みたいなものだったのかもしれないけれど、単に地球人側の技術で浮いていただけっていうことも捨てきれない。
 ナヴィの青い肌にいたっては、「イエロー・モンキー」ならぬ「ブルー・モンキー」っていう卑下したセリフがあったので、白人、黒人、黄色人種といった、地球上のどの人種にも合致しない色ってことで青が選ばれたんだろう。これなんかSFとしての理由付けはおざなりに、大人の事情で決められたって気がする。

 たぶん、これを読んでくださる読者の中には、鉱石や青い肌の設定にケチを付けるのは、アラ探しを通り越して難癖付けてるだけと思われる方もいよう。
 でも筆者としては、この映画がSF映画としてよく練られているからこそ、逆にそこが致命的と感じてしまう。
 これすなわち「センス・オブ・ワンダー」の欠如。

 前段の科学者グレースの立ち位置の変化とか、登場人物の行動に疑問を抱かせるのは、キャメロン監督の手腕の問題。
 アクション映画を得意とするキャメロン監督の手腕は疑うべくもない素晴らしいものだと思うけれど、ただそれは「いやおうなしに闘わざるを得ない」という状況下でこそ発揮されるもので、どちらかというと昔から“ドラマを描く”のは苦手としている印象がある。
 それはラブロマンスとして大ヒットした『タイタニック』でもそうで、主人公二人の関係がはなから叶えられない状況下にあったからこそキャメロン監督の腕が活きたんだと思う。

 一方、鉱石や青い肌については、SF的な突き詰め不足で、センス・オブ・ワンダーの欠落というのは、それこそ感覚的なものなの。筆者がなんでそこに引っかかるのか、わからない人には説明しても理解できないと思う。
 別の映画で例えるなら、宇宙を舞台にしたSF映画として今なお絶大な人気を誇る『スター・ウォーズ』(1977年、監督:ジョージ・ルーカス)を、筆者は「ただの、宇宙を舞台にした戦争映画じゃん」としか思わなかった。『スター・ウォーズ』にはSFのくくりでの魅力は感じなかったということだ。
 『スター・ウォーズ』が映画として面白いかどうかというのとは別の問題で、SF的魅力は乏しいという感覚を共有できるSFファンは少なからずいると思う。

 この『アバター』も「SFは映像」という面ではもの凄く良くできているんだけれど、だからこそ余計に感覚的な不満がつのる。
 この映画を観て、映像的には凄いと思うんだけど、でもなんかSF的にもの足りないと感じたなら、直感的にセンス・オブ・ワンダーの欠如に気付いているんだと思ってまず間違いない。

 この映画は王道を得意とするハリウッド映画らしく、異文化交流にアクションをミックスした映画としては大変良くできていると思う。
 でもSF映画としては、SF的カタルシスを提供するにはいたっていない。
 惑星パンドラには、理詰めだけではたどり着けない未知なる領域がまだ残されている。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーバー/スティーブン・ラング/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ/ジョエル・デヴィッド・ムーア/CCH・パウンダー/ウェス・ステューディ/ラズ・アロンソ
  • 【監督/脚本】ジェームズ・キャメロン
  • 【製作】ジェームズ・キャメロン/ジョン・ランドー
  • 【製作総指揮】コリン・ウィルソン/レータ・カログリディス
  • 【撮影監督】マウロ・フィオーレ
  • 【プロダクション・デザイナー】リック・カーター/ロバート・ストームバーグ
  • 【編集】スティーヴン・リフキン/ジョン・ルフーア/ジェームズ・キャメロン
  • 【スペシャリティ・プロップス】WETAワークショップ
  • 【シニア・ビジュアルエフェクト・スーパーバイザー】ジョー・レッテリ
  • 【ビジュアルエフェクト&アニメーション】WETAデジタル
  • 【衣装】マイェス・C・ルビオ/デボラ・L・スコット
  • 【キャスティング】マージェリー・シムキン
  • 【音楽】ジェームズ・ホーナー
  • 【配給】20世紀フォックス映画
  • 【原題】AVATAR
  • 【字幕翻訳】戸田奈津子
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】162分

コメント (0)

コメントを投稿

トラックバック (56)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c012876813c55970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】アバター:

» 『アバター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』の...... [続きを読む]

» 映画を観るなら アバター(2009) (映画を観るなら)
これまたストーリーが完全にインデペンデンスデイトルーク・マクトのくだりはちょっと人間に都合良過ぎる気もしないでもないけど、最後のみんなでイェーイ!は観ててスカッとするな~。上映時間長いのにダレることが一切無くグイグイ引き込まれた。菖蒲のIMAXで視聴し.. ... [続きを読む]

» アバター−映画感想:2010− (デコ親父はいつも減量中)
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、他 評価:90点 青い顔をした異星人「ナヴィ」たち。 誰かに似ていると思ったら経済評論家の勝間氏に少し似ている。 それよりも会社の同僚の埴生にとにかくそっくりだ。...... [続きを読む]

» アバター (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。 ..... [続きを読む]

» mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。[もっと詳しく]   ... [続きを読む]

» アバター■人類がここまで悪役になった映画... (映画と出会う・世界が変わる)
物語の構成としては人類とエイリアンとの接触の物語である。この種の物語としてはよくあるが、悪役をどのように設定するかが、作品のテーマと評価を決定づける要因となるようだ。こ... [続きを読む]

» アバター(146作目)初3Dも斜視で見れず最悪 (別館ヒガシ日記)
アバターは今年1発目の劇場鑑賞で初3Dと凄く期待も [続きを読む]

» アバター  レビュー (やっちんがゆく!!)
アバターみてきました。 3Dのバージョン。 アバターめちゃめちゃ面白いです!! これまで経験のない映像美!! 内容も展開も文句な... [続きを読む]

» 【映画評】アバター(AVATAR) (ウェッブンゲイlog)
『アバター』は、3Dで観ないと意味がない……。 3Dでも、IMAXでないと意味がない……。 前提としてキャメロン監督は、IMAXを想定した3D映画を... [続きを読む]

» 「アバター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ [続きを読む]

» アバター AVATAR(字幕3D版) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)はある日、事故死した双子の兄の代わり..... [続きを読む]

» アバター [監督:ジェームズ・キャメロン] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
自身の「エイリアン2」のリメイクのような出だしから、「ナウシカ」「ラビュタ」「もののけ姫」を想起させる舞台設定に、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」や「ラスト・サムライ」のような異民族交流の鉄板物語。 ありふれた題材を寄せ集めてシンプルな物語に再構成し最新技術でラッピングした映画。そこを批判する気は毛頭なく、[シンプルストーリー×最新技術のすごい映像=記憶に残る娯楽大作]のキャメロン方程式の正しさをまたも実証してしまった本作に、この監督の強い作家性を感じ感服するのだった。 ただ「あっさり伝説達成」のと... [続きを読む]

» 映画:アバター 3D (よしなしごと)
 短い映画だと公開から1ヶ月で終わってしまうものも少なくない昨今、公開から約1ヶ月のアバターを見てきました。公開から1ヶ月弱後の日曜のレイトショーなんて普通ならガラガラなのに、めちゃ込みでしたよ。ちなみにポイントの無料券+300円の3Dでの鑑賞です。... [続きを読む]

» 「アバター 2回目」IMAXデジタルシアター初体験!凄い! (soramove)
「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← さっきNHKの7時のニュースで、「アバター」の世界興業収入が 「タイタニック」が12年守った首位の座を奪ったと報... [続きを読む]

» 映画「アバター」3D版@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 昨年末に引いた風邪をこじらせて自粛していた映画活動を再開しました。今年初鑑賞作品はずっと楽しみにしていた「アバター」です。お正月休みも終わった平日のTOHOシネマズ川崎で一番大きいスクリーン5には、542席に対して40〜50名位の閑散としたものでした...... [続きを読む]

» アバター 3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーンにめっちゃ奥行きがあるねんっ 自分がその場面に入って...... [続きを読む]

» 『アバター』2009年・アメリカ (おきらく楽天 映画生活)
『アバター』を観ました『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作です>>『アバター』関連原題:AVATARジャンル:SF/アドベンチャー/アクション製作: 2009年・アメリカ上映時間:16...... [続きを読む]

» 『アバター』@日劇 3D鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
下半身不随になり、車いす生活を送るジェイクは、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女に助け... [続きを読む]

» アバター (映画、言いたい放題!)
この映画の予告を観た時、 その時は3D上映とは知らなかったせいもあるのですが、 ストーリーも、もさんざん使いまわされたような話だし、 何を今更と思ったのです。 というわけで、全く観る気なしでした。 ところが、周りの評判がともかく良い! 特に映像。 これは3D映像と... [続きを読む]

» 「アバター」 3D新時代 (ノルウェー暮らし・イン・London)
もし3D映画が、これからの映画新時代の幕開けなのだとしたら、もう新時代など来なければいい・・・・・ [続きを読む]

» 『アバター』(3D/吹替版) (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・ムーア、ウェス・ステューディ■鑑賞日 1月11日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 新春1本目は観遅れていた「アバター」 IMAXは相変わらず混んでいたし、3Dの醍醐味を楽しむなら字幕を... [続きを読む]

» シネマ『アバター』のめくるめくばかりの魅力 (マダムNの覚書)
シネマ『アバター』の見所 [続きを読む]

» AVATAR アバター 3D吹き替え版 2回目 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな... [続きを読む]

» ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 (水曜日のシネマ日記)
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。 [続きを読む]

» 映画「アバター」 (FREE TIME)
話題の映画「アバター」を3Dで鑑賞。 [続きを読む]

» アバター (サム・ワーシントンさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆サム・ワーシントンさん(のつもり) サム・ワーシントンさんは、ジェームズ・キャメロン監督の最新作、映画『アバター』(AVATAR)にジェイク・サリー 役で出演しています。 先日、3D版で鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想 ... [続きを読む]

» アバター 2010-01 (悠久の華美)
あのジェームズ・キャメロン監督の作品、3Dの描写が凄い!って噂だけど、相棒が3D映画嫌いなんだよね・・・ボクもメガネ男子(←どこが... [続きを読む]

» 映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々に劇場に駆け付けざるえない。 それが今作「アバター」 期待したのは、巧妙なストーリー・テリングでもなく、俳優陣でもなく、アクションでもない。 最新技術3Dを駆使して、いかに「新世界」をかいま見せるか、だ。 その結論は。。。 キャメ... [続きを読む]

» 映画「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見... (soramove)
「アバター」★★★★★オススメ サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演 ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ (原題:AVATAR)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「そう遠くない22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへと やってきた元海兵隊員ジェイク... [続きを読む]

» アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....... [続きを読む]

» アバター (Movies 1-800)
Avatar (2009年) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーブン・ラング、シガーニー・ウィーバー 惑星パンドラを舞台に、人間と先住民ナヴィとの戦争を描くSFアクション映画で、パンドラに眠る貴重な鉱物資源を狙う企業に雇われた車イスの元海兵隊員が、ナヴィと人間のDNAを融合させて創られた分身(アバター)を操作し、ナヴィの仲間になり情報を集めるという任務を負うが・・・という話。 ストーリーは宇宙版「ダンス・ウィズ・ウルブス」といった感じで、特に目新しい... [続きを読む]

» アバター IMAX 3D【字幕版】 (小部屋日記)
AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ もうひとつの体、もうひとつの運命。 構想14年、製作に4年、『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの作品。迫力の最新3D映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。 IMAXの3Dははじめてでしたが、まず驚いたのが予告編の「アリス・イ... [続きを読む]

» アバター 3D 融然として相容れ、怡然として共生す (労組書記長社労士のブログ)
【1】 ガンバ大阪{/m_0025/}天皇杯2連覇やったーっヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪ で、夜は今年1本目の映画、再び「1ヶ月フリーパスポート」ゲットを目指すので、鑑賞マイルを今年からで貯め直したかったために、封切りしてからも年が変わるのを待っていた「アバター」を観に行った。 映画の日で1000円の日だからか、それとも元旦の夜、特に行くところもすることもなくてなのか、20時40分という遅い時間でさらに終映が23時40分という終電車際どい時間にもかかわらず(うちなんて最終電車しか選択肢が残っていない... [続きを読む]

» 「アバター」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
 (2009年・20世紀FOX/監督:ジェームズ・キャメロン) 「タイタニック」以来、12年ぶりのジェームズ・キャメロン監督によるSF超大作。 いやー、待たせてくれましたね。キャメロン監督。しかし待っ... [続きを読む]

» アバター (Addict allcinema おすすめ映画レビュー)
もうひとつの体。もうひとつの運命。 [続きを読む]

» アバター (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
アバター’09:米 ◆原題:AVATAR◆監督・脚本・製作: ジェームズ・キャメロン「タイタニック」「ターミネーター」1、2 ◆出演: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング ◆ST...... [続きを読む]

» 映画『アバター』観賞〜面白かったけど・・・・。 (コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ)
 ジェームズ・キャメロン監督作の映画『アバター』を観賞しました。  「『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督」という宣伝文句も聞きましたけど、「『アビス』のジェームズ・キャメロン監督」って感じの映画かな・・・。(パンドラの夜光植物とか神秘的な雰囲気が『アビス』を思いおこさせます。)  あと、個人的な感想ですが、宮崎駿が『もののけ姫』や『ナウシカ』で描いたテーマと、底通するものを感じました・・・・。 【 あらすじ 】  戦争で負傷して下半身不随になった元海兵隊員ジェイクは、遥か彼... [続きを読む]

» アバター (to Heart)
観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。 原題 AVATAR 製作年度 2009年 上映時間 162分 監督/脚本 ジェームズ・キャメロン 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーヴァー/スティーヴン・ラング/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ/ジョエル・デヴィッド・ムーア ジェームズ・キャメロン監督が、自らも長年にわたって開発に関わってきた3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使し、満を持して放... [続きを読む]

» アバター (C note)
正直もうしまして、3D映画ってやつが苦手です。 なんで映画が飛び出さなきゃいけな [続きを読む]

» 映画:アバター 3Dが実現する、驚異の「もうひとつ」の地球の自然世界。。。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
数年前、年末に「いちおう押さえなくちゃ.....」レベルで見に行き、これは「そうとうヤバイ」とあせった「タイタニック」 それはもう12年前のこと..... その監督が、満を持して送り出す3Dアドベンチャーと言えば、「映画」あるいは「劇場」の未来を占う意味でも、早々に劇場に駆け付けるざるえない。 それが今作「アバター」 期待したのは、巧妙なストーリー・テリングでもなく、俳優陣でもなく、アクションでもない。 最新技術3Dを駆使して、いかに「新世界」をかいま見せるか、だ。 その結論は。。。 キャ... [続きを読む]

» 『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動... [続きを読む]

» 【アバター】聖なる自然を守る (映画@見取り八段)
アバター〜AVATAR〜 監督: ジェームズ・キャメロン    出演: サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、ミシェル... [続きを読む]

» 「アバター3D」先住民の心を知った先にみた本当に守るべきもの (オールマイティにコメンテート)
「アバター3D」はタイタニックのジェームズ・キャメロン12年ぶりの監督作品で地球から5光年離れた衛星で貴重な資源獲得を目指す地球人が先住民であるナビィを取り込もうナビィと同じ生命体であるアバターで取り込もうと接するが、抗戦派の攻撃で交渉は決裂しアバターで接し...... [続きを読む]

» ★「アバター」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30〜の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。... [続きを読む]

» アバター (Memoirs_of_dai)
宮崎世界を3Dで 【Story】 下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間と... [続きを読む]

» アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D (ゆるーく映画好きなんす!)
今までの映画(2D)の概念では計れない映画(3D)がここに誕生しました! 『 アバター 3D 字幕版 / 80点/ AVATAR 3D 』 2009年 アメリカ 162分 監督 : ジェームズ・キャメロン 脚本 : ジェームズ・キャメロン 出演 : サム・ワーシントン、ゾー... [続きを読む]

» アバター (だらだら無気力ブログ)
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..... [続きを読む]

» アバター (Akira's VOICE)
かつてない規模のウルルン滞在記。   [続きを読む]

» 「アバター」 (或る日の出来事)
予告編などを見るたびに、わりと楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督作品。 でも、3Dの効果というのが、私にはあまり感じられず。... [続きを読む]

» 映画アバターを3D・IMAXシアターで観てきました。まさに映像革命!初体験 (ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像)
みんみんです。今日は待ちに待ったアバターを鑑賞してきました。1週間前に映画館窓口まで赴き、席を確保していたのです。ネットでは自由に席が取れなかったし、当日は混雑で良い席が確保できないか、と・・・。ど真ん中の席で、3D・IMAXを体感したかったのです。数日前にはまだ席は全然埋まっていないということでした。それで、一番真ん中の席を確保。今日映画館に行ってみると、予想外に大混雑でもなく、7割ほどの入りでした。入り口で大きな3Dメガネを渡され、いよいよ本編からは3Dです。はじまった途端、周りからは「わぁ」と... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter