« 【コラム】『ONE PIECE』が凄いことになってるらしい | メイン | 【映画評】映画 レイトン教授と永遠の歌姫 THE ETERNAL DIVA »

2009年12 月16日 (水曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』が描かなかったもの

 今年度のNo.1映画に選んだ『マイマイ新子と千年の魔法』(公式サイト)のより一層の理解を図るため、原作小説『マイマイ新子』を読みました。
 映画化にあたっての細かい改編はいたるところに伺えますが、この小説版『マイマイ新子』も、映画から入った者も納得のまぎれもない新子ワールド。

 これまで一度も触れなかったので簡単に説明しておくと、この映画の原作『マイマイ新子』は、『光抱く友よ』で芥川賞を受賞した高樹のぶ子が自身の幼少期をモデルとして日本版『赤毛のアン』を目指して執筆、雑誌「クロワッサン」に連載された小説です。
 本記事では、映画版の『マイマイ新子と千年の魔法』との比較で原作を紹介しますので、映画のネタバレを多少含みます。この映画の魅力はあらすじとは別次元のところにあるとは思っていますが、映画未見の方はそれを了解の上でお読みください。

 この小説版『マイマイ新子』、雑誌の連載小説だけあって新子たちの遭遇する小さな事件の数々が映画版以上に淡々と描かれています。
 劇場用パンフでわかっていましたが、千年前の少女のパートは完全に映画オリジナル。しかし昭和30年のエピソードは驚くほど丁寧に原作からくみ取られたものでした。

 ウイスキーボンボン事件や山賊の穴探検はもちろん、金魚の“ひずる”やカタキウチのエピソードも全部原作に描かれています。
 もちろん長い原作を1時間半の映画に収めるためにいろいろと省略されたり、映画ならではのテーマを明確にするためニュアンスが違っていたりしますが。

 映画のファン的にはまず冒頭の、小太郎おじいちゃんの違いに驚かされました。いや、あの素敵なおじいちゃんには変わりないんですけど。
 気になる方は本屋さんで冒頭2ページだけでも立ち読みしてみてください。びっくりすること間違いなしですから。

 映画版でのもうひとりの主役・貴伊子の雰囲気、扱いも映画とはかなり違います。
 映画版は地元育ちの新子と東京から来た貴伊子のガール・ミーツ・ガール物語が前半の軸になっていますが、小説版ではたくさんいる友だちのひとりという印象。

 映画版での新子と貴伊子の出会いのシーン、香水事件やシゲルだけが廊下に立たされて新子が初めて貴伊子の自宅を訪れるエピソードはほぼ同じ内容で原作にもあります。けど、貴伊子のキャラがまるで違う。
 映画版は控えめなお嬢さんという雰囲気でしたが、小説版は転校生という設定には変わりないものの、もっとずっと勝ち気な女の子として描かれていました。
 小説版は貴伊子より鼻たれ小僧のシゲルの方が新子に近い友だちとして描かれ、登場シーンも貴伊子より圧倒的に多いです。小さい頃からの幼なじみですからね。

 この原作を読むと、映画化にあたっての巧みなアレンジに、ことあるごとに唸らされます。

 原作にも貴伊子の家の隣に貴伊子が恐れる犬はいます。けど、その名前は「熊」じゃありません。ですが、「この一言から熊って名前にしたんだ」ってことがわかってニンマリしてしまう。

 脚色の素晴らしさが顕著に表れているのは、映画のクライマックスでしょう。
 金魚“ひずる”の悲劇、米一升持っての家出、バー・カリフォルニアへのカタキウチ、さらには「お父さんは本物?」とかも、そのほとんどが原作にあるバラバラのエピソードの組み合わせだったことに驚きました。
 そもそも、おてんば少女の日常を描いた連載小説であるこの原作での数々のエピソードは基本的に一話完結で、映画のような尻上がりで盛り上がるような構成にはなっていないんですよ。金魚の“ひずる”も“カタキウチ”も、案外あっさりとその話が締められる。
 それをあのような感動的なクライマックスにまとめ上げた脚本に脱帽です。このあたりは原作を読了済みの人が後から映画を観ても感嘆されることでしょう。

 脚本だけでなく映像的にも原作のイメージが大切にされていることがよくわかります。

 実は映画のメインタイトルが出る直前、おじいちゃんの背中をさすりながら新子が見上げた虹の架かった空に、キラキラと光るものがいくつか映っているんですが、映画を何度観てもそれが何かわからなかったんです。
 でも原作の台風の日のエピソードに、「朝、目が覚めてみると、空がキラキラと光って、もう台風はどこにもいなかった。」の一文を見つけて、きっとこのイメージの映像化なんだと納得しました。
 また、メインタイトルのバックや、ほかにも何度か出てくる街を見下ろす大俯瞰の映像も、小説の最終話で語られるあるセリフからイメージされたものじゃないかと想像できる。

 こんな感じで映画を観た上で読むと新たな発見がたくさん見つかる、映画版『マイマイ新子と千年の魔法』ファンも必読の愉しい小説なんですが、と同時に、映画化する上で巧妙に避けた部分があることもはっきりとわかる。
 それは昭和30年の時代背景。

 映画はさまざまな懐かしい小道具や子どもの遊びを通してこの昭和30年の空気をリアルに描き出しています。それは一目瞭然で異論ないでしょう。
 しかし、ほんの少しだけ気になる点があったのも事実です。
 セリフでただ一度だけ「戦後10年」と語られるその当時、新子たちがカタキウチに向かった歓楽街に傷痍軍人(しょういぐんじん:戦争で傷を負った軍人)がチラッと映っていますが、当時はまだ子どもといえども戦後を身近に感じる時代だったはずです。
 舞台となっている山口県のすぐ隣には、終戦直後、今後何十年も草木が育たないだろうと言われた被爆地ヒロシマがあります。

 昭和四十年代半ばに広島県で産まれ、子どもの頃には『はだしのゲン』や『青葉学園物語』を読んで育った自分としては、この映画の中にはそんな時代の泥臭さが感じられないと思っていました。
 自分が子どもの頃にもまだ、8月6日に被爆して行方不明になった身よりの遺骨を探し続けている親戚がいましたし、住むところを失った多くの被爆者が山口県を含めた近隣の町に散らばったとも聞かされていました。

 むろんこの映画に於いては、無邪気な子どもたちの友情を中心に描く上でそういった社会的な面は意図的に排除したんだろうと承知しています。
 だからこそ、いつの時代にも変わらない普遍的な子どもたちの輝きを描き出すことに成功し、まさに時代を超える魅力を備えた傑作になったんですから、映画の立ち位置的に正しい判断だったと思います。

 しかし一方、長期連載である原作は、その媒体の特性を活かし、丁寧に時代のそういった側面も浮き彫りにします。
 新子の父親・東介は元特攻隊員で、おばあちゃん・初枝の弟は広島の原爆で死んでいます。だから新子は、その意味がよくわからなくても、「特攻隊」や「原爆」という言葉が嫌い。
 また新子は、戦後10年のこの年に、家族と共に被爆地ヒロシマを訪れ、その復興ぶりを目の当たりにし、できたばかりの平和記念資料館では被爆地の惨状に息をのむ。

 また時代背景として描かれるのは戦争絡みだけではない。
 映画ではわかりやすく田舎の女の子・新子と都会の女の子・貴伊子の対比が描かれるが、原作の中の新子の家はもう少し複雑な環境になっている。
 おじいちゃんの代に不在地主で田んぼを取り上げられた、元はそれなりの地主。シゲルの家は元そこの小作で、今でも新子の青木家には腰が低い、といった感じ。

 そしてこれが小説ならではと感じたのは、子どもの目を通して、少しずつ時代の変化が描かれていく点だ。
 映画『マイマイ新子と千年の魔法』ファンなら思わずニヤリとしてしまう貴伊子のライバル“金山食堂の宏子”、その金山食堂こそが、当時まだ珍しかった洋食屋として時代の波を物語る。
 元小作だったシゲルの家も分け与えられた田んぼを売って自転車屋を開き、いずれはクルマ屋にしたいと考えている。鼻たれ小僧・シゲルが将来を口にするくだりは、こいつもいずれは大人になるんだなぁと思えて微笑ましさと共に頼もしさを感じる。

 新しいなにかが始まるということは、古いなにかが終わることでもあろう。
 それがなにをもって象徴されるかは映画を観た者なら容易に想像つくと思うが、それもまた映画版とは違った趣の、味わい深い幕切れで、感動的なラストだった。

 てなわけで、けっこう細かく書いているように感じるかもしれないが、実際にはもっともっと映画に取り上げられたエピソードやセリフが出てきて、新発見、驚きに尽きない。
 映画に満足した人ならきっとこの原作も気に入るはずなので、ぜひ一読をオススメします。
 なんてったって、貴伊子と金山食堂の宏子の対決が詳細に描かれている点でも、これは見逃せない一冊ですぞ。

関連 - Relation

コメント (2)

映画の日に、yahoo映画の好評価を見てもさほど期待せずこの映画を見て、「よく今の時代にこんな映画を作ったな」とビックリ。しかし確信が持てず、同い年の38の男に薦めましたところ大絶賛。

そこからwiki辺りで、監督が「魔女の宅急便」で監督を奪われた男であった事、「大砲の街」への関わり等も知り、「アリーテ姫」DVDを入手し、改めて彼を知らなかった不明を恥じた次第です。

原作の高樹のぶ子女史は「甘辛上海」の存在しか知らずあまり良い印象が無かったのですが、「マイマイ新子」文庫版を入手し、2/3程度まで読み進みました。

そこまでの感想としてはこの記事に深く同意、と言ったところ。

時間軸を大きく取る仕掛け(まさに千年の魔法)を持ち込んだ事で、あまりに具体的な「戦争の影」を排除しつつ、普遍的な「死の影」を描く事に成功した手腕には驚嘆するばかりです。
同時に太平洋戦争のイメージが齎す枷、たとえばノスタルジーの排除に成功したと思います。(ノスタルジーの排除は原作も意図してますが、映画の方がより明確になったと思われます)

原作の大人達の影は、子供の目のフィルターを通しながらも、老境に近づいた作者の目でいたわる様に描かれ、魅力的です。
映画も大人達への目配りを、尺の制約の中でしっかり果たせていて、カタキウチの後にヤクザが二人にサイダーを勧めるくだりで涙腺崩壊しそうになりました。

映画の原作との一番の相違は、前述の千年の魔法、すなわち千年前の世界の導入とシンクロの件でしょうが、これとて「作家つながり」のメタ構造で原作を倍加させたと言っても過言ではありませんし、ガールミーツガールである点は『光抱く友よ』からの引用だと監督は言ってますが、結果として「赤毛のアンをやりたかった」作者の意図を強化したとも言えます。

とにかく原作及び原作者への敬意と、自身の世界観を両立させた、再構築の手腕にはただただ感嘆するのみなのであります。

◆けおらさん
>とにかく原作及び原作者への敬意と、自身の世界観を両立させた、再構築の手腕にはただただ感嘆するのみなのであります。

これに尽きますね。
原作をなぞるだけの映画化は概してつまらないんですが、この映画ではちゃんと独自の世界観を取り込みつつ原作をおろそかにしていない。
もっと言えば、昭和30年の時代背景の具体性は巧妙に伏せた代わりに平安時代のエピソードを挟み込んだり、原作以上に方言を使うなど、原作とはまた違った形で土地柄を強く反映させていたとも思います。

そういった様々な要素を1時間半に詰め込んでひとつの傑作に昇華させた監督の手腕にただただ驚くばかりです。
まさに魔法の成せる技、奇跡の映画だと思うのです。

「『光抱く友よ』からの引用」の件は知りませんでした。機会があったらそちらも読んでみたいと思います。
コメントありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a7545f0e970b

この記事へのトラックバック一覧: 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』が描かなかったもの:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter