« 【映画評】ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない | メイン | 【コラム】12月の新作映画 »

2009年12 月 3日 (木曜日)

【映画評】マイマイ新子と千年の魔法 (2009)

空想好きの少女・新子と都会からの転校生・貴伊子が体験するファンタジックな心の交流を描いたノスタルジック・アニメーション映画。

【満足度:★★★★★】 (鑑賞日:2009/12/02)

 そろそろ今年のベスト映画でも整理しようかと思い始めていたところに突如現れたダークホース。
 この感動はトトロ以来の衝撃。完全に心奪われた。

 時代は終戦から10年ほどが過ぎた昭和30年代初頭。どこまでも青い空と鮮やかな緑色の麦畑が広がる山口県防府(ほうふ)市・国衙(こくが)。
 小学三年生の青木新子(声:福田麻由子)は、おじいちゃん・小太郎(声:野田圭一)からかつて「周防(すおう)の国」と呼ばれたこの地の歴史を聞かされ、当時に思いをはせ、空想の翼を羽ばたかせる無邪気な毎日を送っていた。
 ある日新子のクラスに、東京から島津貴伊子(声:水沢奈子)という女の子が転校してくる。
 都会育ちの貴伊子はなんとなくクラスで浮いた存在だったが、やがて新子と心通わすようになり…。

 筆者は若い頃山口県に住んでいたことがあり、映画の中で交わされる山口弁もすんなり耳にはいるし、舞台になっている防府市にも格別の思い入れがある。
 こと、山口を離れた後になって、あらためてそれを調べるために訪れたことのある、同じ山口県の瀬戸内海沿いにある下松(くだまつ)市の地名の由来となった「星が降りた松伝説」をモチーフとした伝承が語られたのには、この映画との出会いに運命すら感じてしまった。
 そのため多くの観客とはのめり込み方が半端ないと思うんだけど、それをさっ引いてもこの映画は忘れがたい傑作と言いたい。
 正直に言うと、中盤以降ほとんど涙ぐみながらの鑑賞で、終盤は嗚咽をこらえるのに必死だった。

 この映画は小学生でもついていける内容(文部科学省選定作品)だが、やはり“昭和”に懐かしさを感じる世代にこそ、真価が伝わると思う。

 とりあえず導入部からして、予告編から感じていたイメージと少々違う。
 まずは、のどかな田園風景を舞台にし、ノスタルジックな昭和の風情満載の映画でありながら、絶え間なく流れる軽快なスキャットのBGMが予想の斜め上をいくのだが、これが見事にはまっている。
 さらに、表向きのストーリーと併行して描かれる新子が思いをめぐらす千年の時を越えた世界に、「そういう映画だったの!?」と面食らった。

 この子どもらしいイマジネーションの映像化に、宮崎駿監督の名作アニメ『となりのトトロ』(1988年)を思い出した。
 この映画にはトトロや“まっくろくろすけ”のような空想上の生き物は登場しないが、ここに描かれるファンタジックな世界観はまぎれもなく「子どもにだけ見えている世界」だ。

 アニメーションとしてのクオリティもジブリ・アニメに負けず劣らずの、さすが『時をかける少女』(2006年、監督:細田守)や『サマーウォーズ』(2009年、監督:細田守)を手掛けたマッドハウスだけあって申し分ない。
 日本の原風景とも言える緑豊かな世界が、とにかく動く動く。
 家の中でのやりとりなど、もちろん静止画な背景もあるんだが、片渕監督の演出の巧みさゆえか、印象としてはスキャットのノリの良さと合わせて、子どもらの奔放さ、疾走感をそのまま絵にしたかのようなスピード感溢れるもの。1時間半の上映時間、休む間もなく駆け抜けた。
 時代感を出すよう、色のトーンは抑え気味だが、子どもたちのまなざしの先にある煌めきははっきりと見て取れる。

 昭和30年代というと筆者はまだ産まれていないので、蒸気機関車や氷で冷やす冷蔵庫などはさすがに知らない世代なんだが、ポン菓子やビー玉は経験しているし、どろんこになっての水遊びも当然やっている。道ばたの野草を引っこ抜いて、かじったりもしたっけ。
 同級生が持ってくるやたら色数の多い色鉛筆がうらやましかったり、実家が平屋だったので友だちの家の階段が珍しかった記憶も蘇った。
 そういった芸の細かい時代を感じさせるエピソードに思わず笑みがこぼれて嬉しくなるのだが、ほんの数十年前の幼少期に思いをはせて懐かしさに胸が熱くなるのは、自分が歳を取って平凡な大人に落ち着いた証だろう。

 しかし、たかだか9歳の新子たちは“自分の人生”なんていう、ちっぽけな器に収まってなんていない。
 その思いは時を越えて、思いもよらないつながりで千年越しの魔法を解き放つ。

 この映画は、伝承の媒体は子どもたちであることを描いている。
 おじいちゃんから新子へ、そして新子から貴伊子へ。親から子へ、子から孫へ。
 そういった伝承はさりげない日常の中で交わされるものだが、その積み重ねがついには千年の時を越える奇跡となるのだ。

 しかし現代、伝承は引き継がれているだろうか。
 この映画は数十年前を舞台とし、その時代からなんと千年も前の平安時代とをつなげてみせた。
 そして千年前の人々は、さらに太古の時代とのつながりを言及しているというのに、今はどうか。たった数十年前のことすら忘却の彼方に追いやっていないか。

 映画のクライマックス、残酷な現実を知り、大人の世界を垣間見た新子は、将来の子どもたちに“伝える”ことを約束する。
 しかし、その前にもっと遊ぼう、もう少し子どもでいようとも宣言する。
 そう、時代はまもなく高度成長期を迎え、子どもが子どもらしくいられなくなる時代が来ようとしているのだ。
 「子どもは遊ぶのが仕事」と言われた時代はいつ終わったのか。
 「うちらの明日の約束を返して!」との叫びは、子どもがさっさと大人にならなくてはならない、伝えるべきことが伝わらない現代にこそ向けられている。

関連 - Relation

作品データ - Film Data

  • 【キャスト(声の出演)】福田麻由子/水沢奈子/森迫永依/秋元環季/江上晶真/中嶋和也/西原信裕/冨澤風斗/世弥きくよ/竹本英史/瀬戸口郁/喜多村静枝/関貴昭/海鋒拓也/小山剛志/川上聡生/奥田風花/脇田美代(山口放送)/阿川雅夫/谷山紀章/千葉翔也/二輪明宏/徳本恭敏/久賀健治/巻島康一/久野道子/諸星すみれ/本城雄太郎/萩原真治/清水美里/鵜沢正太郎/宇山玲加/万代千紗/Jenya/Josh Keller/片淵秋/川上そよ香/永沼幸仁/塚田正昭/野田圭一/本上まなみ
  • 【監督】片渕須直
  • 【原作】高樹のぶ子「マイマイ新子」
  • 【エグゼクティブプロデューサー】丸田順悟
  • 【製作】千葉龍平 / 野田助嗣/丸田順悟/岩田幸雄
  • 【企画】堀健一郎 / 吉田剛/丸山正雄
  • 【脚本】片渕須直
  • 【キャラクターデザイン・総作画監督】辻繁人
  • 【演出】香月邦夫/室井ふみえ
  • 【画面構成/作画監督】浦谷千恵
  • 【作画監督】尾崎和孝/藤田しげる
  • 【メインアニメーター】川口博史/今村大樹
  • 【美術監督】上原伸一
  • 【撮影監督】増元由紀大
  • 【CGプロデューサー】今村幸也
  • 【CGディレクター】矢山健太郎
  • 【編集】木村佳史子
  • 【音楽】村井秀清/Minako“mooki”Obata
  • 【音楽プロデューサー】岡田こずえ
  • 【主題歌】「こどものせかい」 [作詞/作曲/編曲/歌]コトリンゴ
  • 【録音】小原吉男
  • 【山口弁監修】森川信夫
  • 【チーフプロデューサー】高谷与志人
  • 【プロデューサー】岩瀬智彦/市井美帆/松尾亮一郎
  • 【共同プロデューサー】二方由紀子/赤瀬洋司
  • 【プロダクションマネージャー】折本全代
  • 【製作】「マイマイ新子」製作委員会(エイベックス・エンタテインメント/松竹/マッドハウス/山口放送)
  • 【アニメーション制作】マッドハウス
  • 【配給】松竹
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】日本
  • 【上映時間】94分

コメント (7)

こんにちは。

このスキャットは新鮮でしたね。
70年代前後の映画にはよくつかわれていたのですが、
まさかこの時代の背景に持ってくるとは…。
でも、それがありがちなアニメ・イメージを打ち砕き、
新子のヴォイスキャストの声とも巧くマッチして、
ノスタルジーとだけでは言いきれない
魅力的な世界観を作りだしていたと思います。

本当に劇中の音楽が良かった。
千年前と50年前、そして今をつないだのは、「音楽の力」だったのでは。
昭和が古臭く観えなかったのも、音楽のチカラ大です。
監督さんと音楽スタッフの、コダワリを感じます。
ニコニコ動画のマッドハウスちゃんねる、で歌の女性のパフォーマンスが見られます。
この女性、凄いですよ。

◆えいさん
こんにちは。
70年代にはスキャットもよく使われていたのですか。
具体的にどうってことではなかったんですが、何となく懐かしさの中に新鮮さも感じました。
チラシや予告編から感じていたイメージを、いい感じで裏切ってくれて、独特の世界観を作っていましたね。

◆なぎさん
コメントありがとう。
そうですね、音楽がこの世界観をグイグイ引っ張っていました。
BGMがここまでしっかり印象に残る邦画はあまりなかったように思います。
実は思わず、パンフレットと一緒にサントラも速攻で買ってしまいました。
残念なことに客足があんまり芳しくないようで、早々と上映が終わってしまいそうなのですが、何とか上映期間中にもう一度は観ておこうと思っています。

『マイマイ新子と千年の魔法』、往復四時間以上の時間をかけて(高速代は往復¥4000以上)観に行ってきましたよ。
とてもよかったです。
今年最後に観る映画にこれを選んだのは正解でした。
よい作品を紹介していただき、ありがとうございました。

◆せぷさん
おお、DVDで、とおっしゃっていましたが、遠出されて観られたんですね。
気に入っていただけて良かったです。
この映画にピンとこない方もいらっしゃるようなので、紹介する上で期待を煽りすぎるのは諸刃の剣なところもあったんですが、ホッとしました。
よい一年の締めくくりになりましたね。
自分は今年の最後に何を観ようかまだ悩んでます(笑)

かみぃさん

私のブログへのコメント、ありがとうございます。
おかげさまで、大変な読み違いをしていたことに自分で気付きました。
あの部分は引用ではなく、”もしイタリアなら”という想像の会話だったのです。

めっちゃ焦りましたが、お陰さまで間違いを訂正することできました。
情報ありがとうございました。

それ以外の部分は大丈夫ですよ。多少の意訳はありますが、間違いはないはずです(苦笑)

それにしてもすごい情報網ですね。美しいです。
でも、どこにコメント書いていいか分からなくて、ここに来てみました!

私のブログの紹介も、ありがとうございます。

◆noelさん
コメントありがとうございます。コメント欄わかりにくくてスミマセン。
真相がわかってすっきりしました(笑)

>それにしてもすごい情報網ですね。美しいです。

分不相応な「美しい」との誉め言葉に感激です(;^_^A
節操無しに情報を集めてはいるものの、とっちらかってしまってなんとかしなくては思っているのですが。
また遊びに来てくだされ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (14)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a53ac970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】マイマイ新子と千年の魔法:

» 『マイマイ新子と千年の魔法』'09・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...)
あらすじ空想をすることが大好きな女の子の新子とクラスになじめずにいる転校生の貴伊子は次第にうちとけるが・・・。感想山口県出身の芥川賞作家、高樹のぶ子の自伝的小説「マイマ... [続きを読む]

» 【マイマイ新子と千年の魔法 (2009)】  (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
■『マイマイ新子と千年の魔法』予告編(Youtube) 『サマー・ウォーズ』と同じマッドハウス制作作品。 地味すぎてひっそりと劇場上映されたのちに、ジワジワと口コミでその良さが広がっており大変気になってた作品。 昭和30年代の子どもたちの話ということと、タイトルにある「魔法」から、子供向けの"懐かしモノ+ファンタジー"だろうと思って観たのですが、そこに描かれていたのは単なるノスタルジーでも空想でもなく、紛れもない大人向けの"リアル"でした。 新子が遊ぶ空想の世界。用水路を駆け抜けるミド... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を「時をかける少女」 「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメ化した感動ストーリー。 昭和30年代の山口県防府の美しい自然の風景をバックに、空想好きの少女が 都会から転校してきた少女と友情を築き、仲間たちと元..... [続きを読む]

» マイマイのしあわせ (Akira's VOICE)
「しあわせの隠れ場所」 「マイマイ新子と千年の魔法」  [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (単館系)
公開されたのは2009年11月21日 本日2010年3月28日 渋谷アンジェリカにて鑑賞。 当館ではまだ舞台挨拶が予定されているとか・・・ 以前よりク... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 高木のぶ子原作、片渕須直監督、『マイマイ新子と千年の魔法』、12/29、下関スカラ座シアター・ゼロにて鑑賞。2009年50本目。  遠く下関まで『マイマイ新子と千年の魔法』を観てきました!!  行きは一時間半(高速代¥3050)、帰りは二時間半(高速代¥1400)、往復で四時間、高速代だけで¥4000以上掛けて観に行ってきました(行きと帰りの高速代が違うのは帰りは高速を途中で降りたため。一応節約。)。  もしこれで映画がつまんなかったら、何しにわざわざ遠く下関まで行ったんだって話ですよ。  近... [続きを読む]

» 「マイマイ新子と千年の魔法」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:マッドハウス=松竹/監督:片渕 須直) 高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を、「アリーテ姫」の片渕須直が監督(脚本も担当)した、本年屈指の秀作アニメ。 昭和30年の山口県防府市。空想... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (象牙の塔)
JUGEMテーマ:映画13日(日)、ワーナーマイカルシネマズ茨木にて。この映画の上映継続を訴える署名活動が行われている。この作品の存在をもっと広めたいという気持ち、よくわかる。まず思い出したのはピクサーの『WALL.E』(08・米)。あれは身体感覚を信じなくなった人間を見事に描いていたが、こちらでは逆方向からアプローチを掛けている。付け加えるなら、この作品においては空想力や想像力もそういった身体感覚の一部と捉えられているように見える。星新一のssに、子供が空想を止めた世界を描いたもの(タイトルを失念... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 原作 (シネマDVD・映画情報館)
想像の翼をぐんぐん広げ、千年前の町の姿やそこに生きる幼い姫まで思い描く。 そんな少女・新子が、転校生・貴伊子や仲間とともに過ごす、楽しくも切ない季節。 ゆったりとした自然に囲まれた山口県防府市・国衙。 平安の昔、この地は「周防の国」と呼ばれ、国衙遺跡や当時の地名をいまもとどめている。 この物語の主人公は、この町の旧家に住み、毎日を明るく楽しく過ごす小学3年生の少女・新子だ。 おでこにマイマイ(つむじ)を持つ彼女は、おじいちゃんから聞かされた千年前のこの町の姿や、そこに生きた人々の様子に、いつも想... [続きを読む]

» 「マイマイ新子と千年の魔法」 (みんなシネマいいのに!)
 昭和30年代の山口県防府で、空想好きの少女と都会から転校してきた少女の心の触れ [続きを読む]

» 『マイマイ新子と千年の魔法』 (ラムの大通り)
----マイマイってカタツムリのことだよね? 「フォーンもそれを思い出したか。 ぼくも、どういう意味かなって思っていたんだけど、 これは“つむじ”のこと。 この映画=アニメの主人公、小学3年生の新子(福田麻由子)は、 ふつうのつむじとは別に、おでこにももうひとつつむじを持っている。 そのためか、いつも前髪が跳ね上がっていて…。 でもそれが風にそよぐのが、なんとも素敵なんだ」 ----新子って、あまり最近では耳にしない名前。 時代はいつニャの? 「昭和30年代の初めの方かな。 舞台は、山口県防府市・国... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「マイマイ新子と千年の魔法」監督:片渕須直原作:高樹のぶ子 声の出演:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ配給:松竹概要:美しい自然が残る昭和30年代の山口県防府市・国衙。戦争の傷跡から立ち直りつつあるこの町で、小学3年生の少女・新子は、お爺ちゃ...... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高樹のぶ子原作、片渕須直監督、声:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ。舞台は周防国衙跡。現在の山口県防府市だ。 [続きを読む]

» [映画『マイマイ新子と千年の魔法』を観た(少女万歳!^^v)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆休みがないと言いつつも、本日は雨で現場作業は中止、現場監督の私は、事務所に数時間、顔を出すだけでOKの日だった。  故に、夜勤前にMOVIX昭島に行き、『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。    ◇  全くノーマークの作品であったが、そして、それほどに派手さのない物語であったが、終盤には、昭和三十年代の奔放な女の子の日常の断片が、私の心に蓄積されていき、私は涙を流してしまった。  良作である。  イメージ的には、女の子同士の『スタンド・バイ・ミー』的でもあり、ゲーム『僕の夏休み2』風... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter