« 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』はなぜ泣けるのか、についての考察、みたいなもの | メイン | 【お知らせ】一部で閲覧に支障が出ています »

2009年12 月 7日 (月曜日)

【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家 [3D] (2009)

愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。

【満足度:★☆】 [3D映画] (鑑賞日:2009/12/06)

 かなり前から話題になっていたし、ハズレなしのディズニー・ピクサーだしってことで、この冬一番の期待作と意気込んで観に行ったんだが、期待はずれどころじゃなくつまらなかった。そりゃもう、びっくりするぐらい。
 期待しすぎたのかもしれないけれど、つい最近、世紀の大傑作『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年、監督:片渕須直)を観たばかりってのもあるかもしれないけれど、それにしても、なぁ。

 冒険好きの少年カール・フレドリクセン(声:ジェレミー・レアリー)は通りがかった空き家で、そこを秘密基地にしているやはり冒険好きのやんちゃ少女エリー(声:エリー・ドクター)と出逢う。
 やがて時は経ち、カールとエリーは晴れて結婚。出会いの場であった“秘密基地”を新居とし、幸せな結婚生活を送るのだった。
 さらに時は経ち、長年苦楽を共に過ごしたエリーは他界。家の周辺は次々と土地開発が進む中、ひとりぼっちとなった老人カール(声:エド・アズナー)は頑なに立ち退きを拒否していた。
 だが、ひょんな事故からカールは強制的に老人ホームに移らなくてはならなくなってしまう。
 いよいよ老人ホームの職員が迎えに来たその日、しかしカールは、思い出のいっぱい詰まったその家に無数の風船を付け、あろうことか家ごと空に旅立った。亡きエリーとの果たせなかった約束を叶えるために…。

 日本語字幕の3D版で鑑賞。

 以降、ネタバレはしていませんが、かなり辛辣な辛口トークが続きます。
 この映画を愉しめた方、ディズニー・ピクサーLOVEな方は気分を害する恐れがありますので、続きは読まない方がよろしいかと思います。
 ちなみに、他のレビューサイト、感想ブログで筆者ほど辛口に批評しているところは見かけませんでしたので、かなり特殊な感想だと思っていただいてけっこうです。

 予告編で散々観た、風船で家ごと空に旅立つまでは良かったのよ。そこまでなら満点をあげていい。
 特に、晴れの結婚式からエリーが他界してカールがひとりぼっちになるまでの思い出多き日々を、セリフなしで一気に見せた一連の心温まるシークエンスはお見事としか言いようがない。
 なのに、その後の展開が…。

 大空を舞台にしたおじいさんの冒険話かと思いきや、それがすぐに裏切られる。
 あっという間に地上に降りて、荒野やジャングルに舞台が変わってしまい、思っていたのとだいぶ違う。
 いや、いい意味で裏切られるんならそれもありなんだが、そこでのてんやわんやは平凡以下のB級冒険活劇って感じで。

 デフォルメされたファミリー向け作品であれば、ある程度のご都合主義は大目に見るんだけど、それにしてもこの作品はそれがちょっと気になるほどに出来すぎ。
 翻訳機でしゃべれる犬の登場とか、作り手は面白いつもりなんだろうけど、観ているこっちはちっとも楽しく感じられない。
 しかもCGアニメによるその犬たちのビジュアルがやけにリアルで、デフォルメされた人間キャラと比べてバランスが悪く、間抜けで可愛いつもりの姿が、どっちかというと気持ち悪い。
 挙げ句に悪玉のボスってのが登場して、なんだかその正体も夢がないというか、やることが生々しいというか。
 その後の展開、はい、ここで感動してくださいとばかりに反撃に出るカールじいさん、最初に“それ”が映った時点で予想できた最後のオチにいたるまで、教科書通りの予定調和で意外性にも乏しい。

 いやまあ、丁寧に作ってあるとは思うのよ。無難にまとめられているというか、批評家好みのそつのない良作っぽくはある。
 そういう意味では、同乗する少年が東洋系らしき黄色人種であるとか、悪玉の正体、反撃のためにカールじいさんがとる行動とかが暗喩的で、裏テーマを探りたい、いわゆる映画ツウが喜びそうな作り。『グラン・トリノ』(2008年、監督:クリント・イーストウッド)とか好きなら合うかも。
 個人的にはこういう子どもっぽいファミリー向けアニメで露骨にそんなことされても、って逆に憤ってしまうが。
 そもそも致命的につまらないんだもの。がっかり。

 あ、あと、たいして立体感もないんで割高な料金払って3D版観る必要ないです。
 というか、年に数回しか映画館に足を運ばないような人なら、わざわざこの映画を選ぶ必要もないんじゃないかなぁって思う次第。

 とまあ、こんな駄文を最後までお読みいただきありがとうございます。
 決して悪意はないんですが、比率的には誉める方が多いにしても、中にはつまらなかったという意見も少なからずあると思ってたんですよ。
 ところが、ここまで書いてから初めて他の批評・感想を読んで回ったら、おおむね好評。それどころか、おおかた賞賛されているみたいで、その絶賛ぶりにびっくりしたぐらいでして。
 うーん、何が自分と合わなかったんだろう、謎だ。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト(声の出演)】エド・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/デルロイド・リンド/ジェローム・ランフト/ジョン・ラッツェンバーガー/エリー・ドクター/ジェレミー・レアリー/クリストファー・プラマー
  • 【監督】ピート・ドクター
  • 【共同監督】ボブ・ピーターソン
  • 【プロデューサー】ジョナス・リヴェラ
  • 【製作総指揮】ジョン・ラセター / アンドリュー・スタントン
  • 【原案】ピート・ドクター/ボブ・ピーターソン/トム・マッカーシー
  • 【脚本】ボブ・ピーターソン/ピート・ドクター
  • 【音楽】マイケル・ジアッチーノ
  • 【ストーリー・スーパーバイザー】ロニー・デル・カルメン
  • 【編集】ケヴィン・ノルティング
  • 【プロダクション・デザイナー】リッキー・ニエルヴァ
  • 【スーパーバイジング・テクニカル・ディレクター】スティーヴ・メイ
  • 【スーパーバイジング・アニメーター】スコット・クラーク
  • 【キャラクター・スーパーバイザー】トーマス・ジョーダン
  • 【配給】ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
  • 【原題】UP
  • 【字幕翻訳】石田泰子
  • 【日本公開】2009年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】103分

コメント (2)

トラックバックを返すのが大変遅くなったこと、申し訳なく思います。
日々記事の更新をしているとどうしてもその手の作業が後回しになってしまって、、、面目ないです。

かみぃさんは本作に対してずいぶん厳しいレビューをされてますね。
でも、実はここだけの話、自分もかみぃさんと似たような感想だったりします。
ただ、自分の場合、「王様は裸だ!」という勇気がちょっとありませんでした。

かみぃさん推薦の『マイマイ新子と千年の魔法』はどうやら劇場では観損ねてしまったようです。
DVDになったら、新作のうちに見ようと思います。

これからも独自の視点で映画レビューを頑張ってください。
では失礼します。

◆せぷさん
コメントありがとう。
ぜんぜん遅くないですよ。僕なんて、へたすると一ヶ月くらいトラックバックを放置することもありますから(汗;

この映画はねぇ、ホント自分でも不思議に感じるくらい、まったく面白くなかった。
「アラも多いけど頑張ってるじゃん」って思えれば、相応に誉めもするんですけど、この映画に関してはどうしても肯定的になれなかったんです、残念ながら。
たまにこういう世間とはズレた感想になっちゃうこともあるんですが、映画の見方、感じ方は人それぞれだって信念があるんで、馬鹿正直に書いちゃってます。

これに懲りず、また遊びに来てください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (24)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a72a588e970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】カールじいさんの空飛ぶ家:

» カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家(感想182作目) (別館ヒガシ日記)
カールじいさんの空飛ぶ家はWOWOW鑑賞し 結論は前半の感動&後半アクションに驚きだよ [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1軒の空き家で同じく冒険好きな少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、”伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。... [続きを読む]

» 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけどねぇ{/face_ase2/} 数日前にちょこっと書いた“悪い情報” また子供の頃の友人(後輩)の訃報が入ってしまいました。 昨年末に倒れてお正月にお亡くなりになったとか…彼とは2年前に亡くなった別の後輩の葬儀... [続きを読む]

» 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D (よしなしごと)
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家−(映画:2009年鑑賞)− (デコ親父はいつも減量中)
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...... [続きを読む]

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味−BIMI−)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろうかと思っていたら、この映画が公開されたというわけです。  この映画も特別のメガネを使って見たところ、3Dに関しては、「クリスマス・キャロル」でも思いましたが、観客をも引き込むような臨場感のある場面というのは数えるほどしかなく、あとは別に3D... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 2009-55 (悠久の華美)
ディズニー・ピクサー初の3D映画らしいですが、3D映画ってあまり得意じゃないので、2Dで観ました〜♪巷の3Dでの悪評を聞いて、2D... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発する... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。   [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク』【comment】偏屈そうなおじいさんが主役―ということで、イマイチそそられないなぁ〜というのが正直なところだったのですが、去年のPIXAR作品『WALL・E/ウォーリー』に続いてとてもいい映画でした〜一緒に観た子どもともども満足して鑑賞を... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (C note)
毎回良質なCGアニメーションを届けてくれるピクサーの新作。 最近、元気なお年寄り [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 ピート・ドクター監督、『カールじいさんの空飛ぶ家』、12/5、ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野にて鑑賞。2009年47本目。  『カールじいさんの空飛ぶ家』を観てきました。  鑑賞前は3Dで観るかどうか迷ったんですが、結局通常上映で観ました。  が、本作以降3D上映は通常上映にプラス300円で観れるようになるみたいです。  300円ぐらいだったら、3Dで観てもかったかなぁ。  以前『ボルト』を3Dで観たときはもっと高く割増し料金を取られたような気がするんだけど。  23日に公開される『アバタ... [続きを読む]

» 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』劇場鑑賞 (続・蛇足帳〜blogばん〜)
 久しぶりに映画館に行って来ました。  観たのはディズニー/ピクサーの3Dデジタルアニメ『カールじいさんの空飛ぶ家(英題:UP)』、せっか... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

» ★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。 [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜び....... [続きを読む]

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公... [続きを読む]

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版』を本日観て来た。 採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 一言でいえば、"期待を裏切らない人間が主人公のピクサーアニメ"とでも言おうか。 前の記事『映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります』で書いた通りの装着感の悪い3Dメガネを敬遠したのと、作品評価を読むとピクサー史上初の3Dもおまけ程度と言う意見が多かったので、2D・吹替版にした。結論は2D・吹替版で正解。3Dで無くても十分な描画... [続きを読む]

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1〜2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...... [続きを読む]

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」いくつになっても旅に出る理由はあ... (soramove)
「カールじいさんの空飛ぶ家」★★★★オススメ ディズニー/ピクサー製作 ピート・ドクター監督、103分 、公開日:2009-12-5、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 12月6日公開オープニング2日間の成績は、動員44万人、興収約6億円と、 初登場首位を獲得! 「2012」のオープニングにも負けない出足。 興収50億円が当面の目標... [続きを読む]

» カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファイティング・ニモ』のボブ・ピーターソン。ボブは脚本も担当している。ピクサー初のデジタル3D作品。... [続きを読む]

» 映画を観た〜カールじいさんの空飛ぶ家 3D吹き替え版〜 (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→ [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter