« 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』 on 阿佐ヶ谷~どうにも止まらない鑑賞11回目 | メイン | 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』グリコのオマケを届けに来ました »

2010年1 月19日 (火曜日)

【コラム】続・『マイマイ新子と千年の魔法』 on 阿佐ヶ谷~なぜか今夜もマイマイ新子

 昨日観たばかりなんだけども、なぜか今夜もラピュタ阿佐ヶ谷に『マイマイ新子と千年の魔法』を観に行ってまいりました。

 今日の仕事を終え、コンビニで買い物をしてから帰りの道すがら、なにげなくTwitterをチェックしたら、片渕監督が、

緊急出撃。出ます。

と、ツイートされてるではありませんか。
 この時点が午後7:30。

 速攻ラピュタ阿佐ヶ谷に電話で残り席数を確認したらまだ半分、30席近く残っているとのこと。
 上映開始は午後8:50。自宅からラピュタ阿佐ヶ谷までが電車を乗り継いで1時間弱。まだ間に合う!
 昨日ご挨拶できなかった悔いもあり、行かない理由はないでしょう。

 急いで荷物を自宅に放り込むと、「見たい見たい見たい!」とばかりに駅まで走りましたとも。
 なのに、こんなときに限って電車遅延。気は焦るがどうすることもできない。
 なんとか午後8:35頃に阿佐ヶ谷駅に到着。
 飛び出すように走ったはいいが、今度は昨日来たばかりの阿佐ヶ谷なのに路地で道を間違える。
 それでもなんとかラピュタ阿佐ヶ谷に到着。すでに開場されていたがギリギリチケット確保。席数は余裕と思っていたのに、結局今夜も満席だった。
 ロビーの片隅に監督の姿を発見するも、息切れ収まらず上映開始。

 とりあえず落ち着いて、昨日発見したポイントを再チェック。やっぱりそうだ。
 新子と貴伊子がひずる先生から諾子の名前を教えてもらっているときに机の上に飾ってあったのは花嫁カラーの白い花(シャクナゲ?)なんだけど、ひづる先生がひとりもの思いにふけ、手紙を破るときに飾ってあるのはピンクのナデシコ。
 『マイマイ新子と千年の魔法』でナデシコの花はキーとなる花、時を越えて思いを繋ぐ。と同時に、ナデシコの花言葉は「純愛、思慕、いつも私を愛して」だとか。切ない…。

 上映後、やっと監督にご挨拶ができた。
 20分近くも1対1でお話。遅くまでありがとうございました>監督&ラピュタ阿佐ヶ谷スタッフの方々

 監督の穏やかな人柄に触れ、もう充分に大好きなこの映画が、ますます好きになってしまう。もちろん監督のことも。
 …ああ、こんなときに「大好き」なんてベタな言葉しか思い浮かばない自分の語彙の貧しさが歯がゆい。

 いろいろと伺い、この奇跡的な映画が誕生した秘密を垣間見られたような気がした。
 特に印象深かったのが、監督が「アニメの限界」と「映画の神様」という言葉を口にされたこと。
 だからこそ神懸かり的な映画が生まれたんだと思います。

 他にももっといろんなことを伺ったんだけれども、監督と直接お話しできたことが嬉しすぎてまだ浮き足立っちゃってるわ。
 今夜は言葉がまとまらない。

 とりあえず今日伺ったことをもう少し噛みしめてから、あらためて映画を観たい。
 また、そこに立つと映画の上にさらに違う世界が広がると言われた防府の街にも早く機会を作って訪れたいです。

 最後に大事なことも報告。
 今週末でほとんどの映画館では上映が終わってしまうけれど、完全に終わってしまうわけじゃない。
 少なくとも現状、防府での終了予定は決まっていない。
 15日で終了してるはずだった山口スカラ座も、なぜか今日も続映されてる。(※2010/01/19 22:45修正:山口スカラ座公式ページの誤記による誤報でした)
 具体的な場所こそ口にされないまでも「今後もまだ春ぐらいまでは、いろんなところで上映の機会を」とおっしゃる監督のお顔は晴れやかでした。

関連 - Relation

コメント (4)

阿佐ヶ谷駅の到着時間を間違ってますね。
夜うちに帰ったら修正します。

× なんとか午後7:35頃に阿佐ヶ谷駅に到着。
○ なんとか午後8:35頃に阿佐ヶ谷駅に到着。

修正しました。

はじめましてイルカのおかげと申します。

廣田さんのブログから上映館リストの掲示までは見ていたのですが、こんなにすごい内容だとは・・・。驚きです。
まだチラ見しかしていないのですが、ひづる先生の机の花が変わっている事も気が付きませんでした。
この次はそこをしっかり見なければ・・・・。
白い花は6月頃なので八重のクチナシでは無いかと思います。

『ふたり』の話も感激です。
私も大好きで話出すと「またその話しか」とよく言われます。
当時、映画をほとんど見ていなかったのですが、先に放送された国営放送版で後編を見られなかった事から劇場へ行き感動しました。
最初の白黒の場面いいですね。ツバキの花だけが赤く染まっていて。
ラストの後姿は今でも千津子ちゃんか?実加ちゃんか?って考えます。

実は私2005年の監督賞に選んでいただいた佐々部清監督の応援団をやってまして『マイマイ新子と千年の魔法』はその仲間から教えてもらったのです。『マイマイ新子』に出会えて良かった。
最初から長いコメントすいません。失礼しました。

◆イルカのおかげさん
こんにちは。
花嫁カラーの白い花は、なるほど八重のクチナシですか。シャクナゲだと季節的に合わないなぁとは思っていたのですが。
ひづる先生の花に限らず、2度3度と観直すと、きっと次から次へと発見があると思いますよ。お試しあれ。

『ふたり』の話題を共有できて嬉しいです。
最近の若い人相手に話すと「尾道三部作」という言葉すら通じなくて、なかなか悲しい思いをしていました(笑)
僕はやっぱりラストの後ろ姿は千津子ちゃんだと思っています(^^)

コメントありがとうございました。
また遊びに来てくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c012876eba948970c

この記事へのトラックバック一覧: 【コラム】続・『マイマイ新子と千年の魔法』 on 阿佐ヶ谷~なぜか今夜もマイマイ新子:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter