« 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』今日も赤い靴はいてた女の子 | メイン | 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』お子様無料ご招待/横浜ニューテアトル »

2010年2 月22日 (月曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を知っていますか?~一ファンからのお願い

 『マイマイ新子と千年の魔法』という映画をご存じでしょうか。

 芥川賞作家・高樹のぶ子さんが自身の幼少期をモデルに日本版『赤毛のアン』を目指して書かれた連載小説『マイマイ新子』を、『アリーテ姫』(2001年)の片渕須直監督が映画化した長編アニメーション作品。
 主な声優陣は、福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ、といったピュアな顔ぶれ、主題歌を務めるのは新進気鋭のコトリンゴ。
 『サマーウォーズ』(2009年、細田守監督)、『パプリカ』(2006年、今敏監督)など秀逸な作品作りで知られるマッドハウスがアニメーション制作を手掛けた、まさにその名に恥じない傑作です。
 ※詳しくは「【特設】『マイマイ新子と千年の魔法』まとめ」をご参照ください。

 この映画、昨年11月21日に全国公開されましたが、公開時の周知がうまくいかず客足が伸び悩み、早々の公開規模縮小を余儀なくされました。
 しかし、わずかなチャンスに観た方々の絶賛の声から火がつき、レイトショーでロングラン上映していた東京のミニシアター・ラピュタ阿佐ヶ谷(現在は上映終了)ではほぼ連日満席という驚異的な動員を記録しました。(正規の座席数48席の一日1回上映にもかかわらず、最終累計2463名/通算50日。一日平均102.6%)
 ※いきさつについては「【特設】『マイマイ新子と千年の魔法』報道スクラップブック」をご参照ください。

 現在は、2月26日土曜日まで横浜ニューテアトルワーナー・マイカル・シネマズ防府で公開されていますが、自分を含めたファンに愛されたこの映画も、今週末でついに上映館が途絶えます。
 ※上映スケジュールについては「【特設】『マイマイ新子と千年の魔法』上映館リスト」をご参照ください。

 一応3月に入ると、さみだれ的に全国いくつかの映画館で再上映が予定されています。(東京都渋谷区3/13~、北海道北見市3/27~、兵庫県宝塚市3/20~、佐賀県佐賀市3/20~、長崎県長崎市3/20~。詳細は上映館リストに)
 ですが、こういった事実や、そもそも作品そのものが、一般にあまり知られていないのではないかと思います。
 熱心なファンは少しずつ増えていますが、いまだ“一般への周知”という壁が立ちはだかり、トータルでの動員がまだまだ芳しくない現実があるのです。
 そして現状のまま上映が完全に終了するようだと、盛り上がるファンの気持ちとは裏腹に、DVD・Blu-rayの発売すらも危ぶまれています

 こういった流れに抵抗するため、上映の延長拡大、ソフトの発売を要望する署名活動が行われています。
 ◆『マイマイ新子と千年の魔法』上映存続を!(署名活動するなら『署名TV』※携帯電話はコチラから)
 署名の企画者となっている廣田恵介さんはライターさんです。自分同様、一ファンに過ぎません。
 参考:『マイマイ新子と千年の魔法』続映にご協力を!(550 miles to the Future)
 しかしこちらも、現状の数字ではまだまだ足りないという状況で、今月末の締め切りを迎えようとしています。

 自分はネット上で10年映画レビューをやってきましたが、この映画『マイマイ新子と千年の魔法』は、「観る価値のある映画」と自信を持ってお薦めできます。
 もちろん、様々な観客がいる中で、すべての人が絶賛となるはずがないことは重々承知しています。
 ですから、ここであらためての賞賛の言葉は並べません。
 実際に己の目で観て判断していただきたい。

 しかし、その機会もまもなく失われようとしています。
 評判を聞きつけたが近くで上映していなくて、あるいは時間が合わなくて劇場で観られず、「せめてソフト化を」と望んだ人たちの一抹の希望も絶たれようとしています。

 映画ファンならよくご存じでしょうが、作品の評価と動員数は必ずしも比例しません。
 しかし上映の延長拡大、商品化は冷徹に数字によって判断されてしまいます。
 実際に観た観客の全員が満足したとしても、それだけでは形として残りません。

 そこでこの映画に魅了されたファンのひとりとして最後の望みを託すべく皆様へ直接のお願いなのですが、もしこの映画に興味を持っていただけたなら、残り少ない上映期間、都合が付くなら観てやってくださいませんでしょうか。
 それが叶わぬなら、「(劇場、DVD・BD問わず)観たい」との意思表示として、署名をしていただけないでしょうか。(重複・イタズラ防止のためのメールアドレスさえあれば、匿名でも署名できます)

 もしブログやサイトをお持ちでしたら、こんな映画がこんなことになっているらしい、と、うわさ話程度で構いませんから記事にして、この映画を知らない人にこの映画の現状を伝えていただけないでしょうか。
 ひとこと「こんなんやってるよ」と、この記事やまとめページにリンクするだけでも構いませんので。

 上映はひとまず26日金曜日まで、署名は28日日曜日までです。
 なにとぞよろしくお願いいたします。

追伸
 縁あって過去にこのサイトにトラックバックをいただいたことのあるブログ、あるいはこちらからトラックバックさせていただいたことのあるブログに、この記事からトラックバックさせていただきました。
 トラックバック先はできるだけ映画・アニメ関連の記事を選ばさせていただきましたが、『マイマイ新子と千年の魔法』とは直接的には関係のない記事だと思います。
 記事の内容に関わらず、こちらからもリンクはさせていただきましたが、もしご迷惑に感じるようでしたら削除いただいて構いません。
 不躾なふるまい、どうかお許しください。


《2010/02/22 13:30追記》
 この記事の投稿後に、3月20日(土)~26日(金)の1週間、長崎市の長崎セントラル劇場でも上映されることが発表されました。

関連 - Relation

コメント (12)

こんにちは!
トラックバックありがとうございます。
署名させていただきました。

こんにちは。
仰りたいこと、熱意は非常に良く解りました。
しかしながら、全く関係ない記事へのTBはともすればスパムとも
疑われかねません。「未完の映画評」さまは以前よりお付き合いが
ありますので、そんなことはないと承知はしておりますから、今回
はそのままにしておきたいと思います。
事前にブログ記事の中で断りを入れていたとしても、直接何がしか
のアプローチがないままいきなりというのは、正直言ってあまり気
持ちの良いものではありません。
末永くお付き合いさせて頂きたいからこそ、敢えて書かせて頂いて
おります。そこのところをご理解下さいますようお願いします。

◆kenkoさん
突然のお願い、申し訳ありませんでした。
ご協力感謝します。ありがとうございました。

◆KLYさん
耳の痛いおしかり、まさにおっしゃるとおりで、弁明の余地もございません。
不快な思いをさせて申し訳ありません。
その上での不躾なTBへのご配慮、痛み入ります。
いただいたご忠告はしっかり肝に銘じて忘れません。
こんな未熟者ではありますが、これからも宜しくお願いいたします。

こんばんは。

最近ではツイッターでお世話になっております。
『ウルフマン』の方にTBいただいていたので、
拙ブログ『マイマイ新子と千年の魔法』から
TBお返しをさせていただくと同時に、
URLもそちらの記事の方にいたしました。

この映画、大好きです。
とりわけ、夜、殴りこみに行った後の
田舎道を変えるシーン。
すごっく昔の子どものころに、
田舎に行った時の記憶がよみがえりました。

大切にしたい映画です。
署名させていただきました。

こんばんは。

TBさせていただいたのですが、どうも相性が悪いのかうまく行かないようですのでコメントさせていただきます。

 
私もこの作品は大好きです。ベストテンの上位にも入れましたし、いろんな所で多くの人に奨めております。署名も早々にさせていただきました。

及ばずながらも、いろんな方法でPRさせていただきます。

それにしても、アメリカやお隣の韓国などでは、当初3~4館程度で細々公開されたインディーズ作品が、やがて口コミでジワジワ人気が広まり、最終的に全国数百館に規模が拡大し、大ヒットとなった…というケースをよく耳にするのですが、我が国ではシステムの問題なのか、観客の問題なのか、そういうケースはあまり見られないようですね。

もっと、テレビや新聞でも、話題として取り上げていただきたいものです。


◆えいさん
お手間おかけしました。
署名もありがとうございました。
「大切にしたい映画」うん、僕にとってもそんな映画です。
単なるいい映画、素晴らしい映画とは、ちょっと別格で。
ほんと言うと、心のどっかではそっとしておきたい気持ちもあったり。
コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

◆Keiさん
すみません、うちのスパムフィルターがやけに厳しくて、ほとんどのTBを一端保留してしまうんです。(まれにすんなり通ることもあるんですが)
クチコミはほんと難しいですね。
話題の中にいるとそれなりに盛り上がっているように見えるんですが、ちょっと外側の人と話すとまったく知られてなくて。
お互い、できることで頑張ってPRしましょう。

こんにちは。
微力ながら署名に参加させていただきました。
DVD化すら危ういとは予想外です。
ブログを引っ越ししたせいでTBがお返しできなくなっております。
とりあえずはコメントで。

本作は後からじわじわと不思議な魅力がでてきますね。
気がつけば昨年の自分ランキングも上位です。

◆マー坊君。さん
ありがとうございます!
直接関係のないエントリーにTBしてスミマセンでした。
ご協力感謝します。
じわじわと後から来る。いまのクチコミの広がり方もまさにそんな感じ。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつでも認知度を上げていきたいです。

どうも。こちらにリンクさせていただきました。
すみません。何故かトラックバックが駄目です。

◆ですさん
リンクありがとうございます。
TBは厳しすぎるスパムフィルターのせいで非表示になっていましたが、ちゃんと届いております。

署名させていただきました
私の街(松本市)ではそもそも上映されておりません。
地方にプリントまわしてほしいなあ

---
ところで当ブログでは「無類の映画好きブロガー」を中心とした37名の投票により、00年代(2000-2009)映画ベストテンを選出しました。

ちなみに1位は以下のようになっております
日本映画第1位 『誰も知らない』
外国映画第1位 『ダークナイト』

もちろん何の権威もないベストテンですが、映画好きの選んだ「ここ10年間のベストテン」をどうぞお楽しみください

詳細は当ブログにて

◆しんさん
署名ありがとうございました。
『誰も知らない』まだ観てないんだよなぁ。『空気人形』は気に入ったし、こちらも観なきゃですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (8)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a8bfa390970b

この記事へのトラックバック一覧: 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を知っていますか?~一ファンからのお願い:

» 【「マイマイ新子と千年の魔法」は素晴らしいの巻( 7)】 (【です☆です】φ(.. ))
『マイマイ新子と千年の魔法』は、良い映画です。 でも、もう、映画館に観にいって!とか言わない。 観にいける範囲では上映してない可能性が高いし。 そこまで無理することをお願いはしません。もう。 でも、『そんなに良い映画良い映画って言うなら、 DVDくらいレンタルしてみようかな?』なんて、 ちょっとくらいは思ったりしてきてるんじゃない? 思ったよね?ね?ちょっとくらい思ったりしない? 俺も映画館に行く時間が取れないときなんかはさ、 「まぁ、DVD出てから見りゃいいかっ!」って、 見に行くのを簡単... [続きを読む]

» マイマイ新子と千年の魔法 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「マイマイ新子と千年の魔法」監督:片渕須直原作:高樹のぶ子 声の出演:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ配給:松竹概要:美しい自然が残る昭和30年代の山口県防府市・....... [続きを読む]

» 「マイマイ新子と千年の魔法」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:マッドハウス=松竹/監督:片渕 須直) 高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を、「アリーテ姫」の片渕須直が監督(脚本も担当)した、本年屈指の秀作アニメ。 昭和30年の山口県防府市。空想... [続きを読む]

» [ニコニコアニメ夜話(ネットラジオ)][アニメ社会学]ニコニコアニメ夜話第17回放送『マイマイ新子と千年の魔法』〜戦後日本の総決算的アニメ。すぐそこにある希望〜 (アニオタ保守本流)
 さて、当ブログでも2009年12月25日記事『マイマイ新子と千年の魔法』〜しかし、すぐそこにある希望〜【局地的大ヒットにつき続映を望む】でもご紹介した通り、公開4ヶ月経過した今も全国でロングランがつづいている脅威の傑作アニメ『マイマイ新子と千年の魔法』であるが... [続きを読む]

» ブロガーによる00年代(2000〜2009)映画ベストテン TOP (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテンへのエントリーありがとうございました。33のブログ(+管理人推薦の数名)による00年代ベストが決定しました。10年間の映画を、映画好きたちとともに振り返っていってください。... [続きを読む]

» 『マイマイ新子と千年の魔法』 (ラムの大通り)
----マイマイってカタツムリのことだよね? 「フォーンもそれを思い出したか。 ぼくも、どういう意味かなって思っていたんだけど、 これは“つむじ”のこと。 この映画=アニメの主人公、小学3年生の新子(福田麻由子)は、 ふつうのつむじとは別に、おでこにももうひとつつむじを持っている。 そのためか、いつも前髪が跳ね上がっていて…。 でもそれが風にそよぐのが、なんとも素敵なんだ」 ----新子って、あまり最近では耳にしない名前。 時代はいつニャの? 「昭和30年代の初めの方かな。 舞台は、山口県防府市・国... [続きを読む]

» ◆『マイマイ新子〜』のサポーターズ・バナーが配布されています! (◆S.blog ◆◆◆)
昨年よりずっとこのブログやBBSで情報をお知らせして来た アニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』ですが、この半月あたりで どんどん状況が変化しています。 ■先ずは、ひとつ新しい情報のお知らせを! かねてから要望が寄せられていた支援者用のバナーが公開されました。 ≫コチラからDL出来ます。 [画像]実はこのバナー、 ワタシも以前から監督や各プロデューサーの方々に直接希望をお伝えしていたものです。 この作品をご覧になった方、 そしてもっと他の人に観てもらいたいと感じた方、 少しでも応援したいと思... [続きを読む]

» 「恋愛上手になるために」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
わたし的にキャストは満点だったんですが・・・ [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter