« 【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』サポーターズバナー公開~うちらは決死隊じゃし | メイン | 【コラム】阿佐ヶ谷帰り、フランス帰り »

2010年2 月17日 (水曜日)

【コラム】妙訳『マイマイ新子と千年の魔法』創作レビュー~マイマイ・ミラクル・ウォーズ

 今日は横浜市中区伊勢佐木町、関内駅のほど近くにある横浜ニューテアトルで『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を観てきました。
 一言で申しますと、ウルトラ・スーパー・スペシャル・ハイパー・マジカル・ファンタジーな感動巨編を90分に凝縮したような、かわいらしい逸品です。

【ストーリー】
 太古の民が流星に導かれて国を開いたという伝説が伝わる周防(すおう)の国。
 時は平安時代、後に清少納言を名乗り歴史に名を残すことになる少女・諾子(なぎこ、声:森迫永依)は、帝からこの国を守る命を受けた父・清原元輔(声:塚田正昭)とともにこの地にやってくる。
 諾子は勝手のわからぬこの地で、ある少女が訪れるのを待っていた。しかしその少女が諾子の来訪を待たずして命を落としたと知り、愕然とする。
 我が思いもこれまでと悟った諾子は、魔法の使い手である密使“アカイノ”に望みを託すのだった。

 時は流れ、昭和30年の周防の国。地名は防府と変わったが、そこには千年の魔法を受け継ぐ少女がいた。名は新子(声:福田麻由子)。しかし彼女はその力を自分の空想と思い込み、本当の姿を知らずにいる。
 魔法の伝承者である新子の祖父・小太郎(声:野田圭一)は、真実を伝える“その時”を伺いながら、密かに新子への継承者としての教育を怠らなかった。
 新子はこの日も、新子の妹・光子(声:松元環季)に忍び寄るキューピー人形に姿を変えた魔物をまたひとり倒す。それが彼女に与えられた使命だと知らぬままに。

 そしてこの時代の都・東京から、人々の命を守るために遣わされた父親とともに第三の少女・貴伊子(声:水沢奈子)がこの地に立つ。彼女もまた、自分のさだめを知らずにいた。

 新子と貴伊子はマイマイ(つむじ)のざわめきとともに運命の出会いを果たし、やがて互いの力を補完する仲となっていく。
 そして伝説の地の子どもたちがその力のもとに集い、やがて国衙地区を拠点とする決死隊を組織するに至るのだった。

 ある日、決死隊の面々は偶然にも伝説の儀式のトリガーを引き、ついに千年の時を越えて密使アカイノが召還される。
 しかしその瞬間、金山食堂のヒロコに姿を変えた魔物の魔力によって、アカイノは新子らと言葉を交わせない魚の姿に変身させられてしまう。
 アカイノは使命を果たせぬ無念の中で、己の命と引き替えに、諾子からのたった一言のメッセージを貴伊子に伝えるのだった。

 アカイノも本懐を果たせなかったと知った諾子は鍵を握る第四の少女・千古(声:奥田風花)とコンタクトを取るため、新たな手を打つ。
 一方決死隊は、アカイノの思いとは裏腹に、分裂の危機に陥っていた。
 さらに闇の力に陥落した男によって絶望の淵に立たされる新子。

 すべてを捨て、ただ敵を倒すために未知の地に踏み出す千年の魔法の継承者・新子。
 選ばれし貴伊子は、希望を捨てず、残されたメッセージの意味を探ろうと試みる。
 千古との接触に最後の望みを賭け、実力行使に出る、時の姫君・諾子。

 別々の時代、別々の場所で、それぞれの選択を迫られた少女たちの運命はいかに。
 物語は予想のできない怒濤のクライマックスを迎えるのだった…。

【感想】
 いやぁ、素晴らしい!ハリウッド大作をも凌駕するサスペンスフルな展開に心臓バクバクでした。
 目を奪われるスペクタクルと相まって、和製ファンタジーの頂点とも言える傑作です。
 特に新子と貴伊子が決裂してからの涙を誘う女の友情の行く末は、筆舌に尽くしがたい見せ場となっています。
 新子ちゃんのマイマイ、私も欲しいなぁ。

 こんな素晴らしい映画が、人目をはばかるようにひっそりと公開されているなんてもったいない。
 私の観た横浜ニューテアトルは関内駅から徒歩5分。(ただしわかりづらい場所にあるので時間には余裕を持って)
 2月26日まで、16:30と18:30の一日2回上映されていますので横浜近郊の方は、ぜひ観て欲しいと思います。
 生涯忘れることのない衝撃と感動を与えてくれるでしょう。

 なお、物語の重要な人物である“金山食堂のヒロコ”は今回は登場しません。
 これは続編に期待といったところでしょうか。

【続編予告】
 貴伊子を再び襲う魔の手。姿を現す金山食堂のヒロコ。
 貴伊子の危機を救ったのは、犬に姿を変えた守護神“クマ”だった。
 苦手な犬の姿をしたクマに命を救われ涙する貴伊子は、新たな闘いに覚悟を決める。
 マイマイのざわめきによりヒロコの活動を察知した新子も、アカイノから魔法を授かっていた亀吉とともに駆けつける。
 一方、巨大化したネコの導きにより、光子が覚醒。
 ヒロコの魔力によって凶暴化したウシガエルの大群が人々を襲う。
 緑のコジローから伝令を受けた諾子が取った秘策は新子たちを救えるのか。
 そして鍵を握る千古姉妹に秘められた秘密とは。
 周防の国は今、魔物たちの決戦場と化し、多々良の山に少女たちの願いがこだまする。
 近日公開『マイマイ新子と千一匹の魔物たち』乞うご期待!

※このレビューはフィクションであり、実際の映画の印象はちょっとばかし違います。
 続編の予定も今のところありません。

関連 - Relation

コメント (2)

なんという煽りw

現在、応援お絵かき掲示板にこんなのがアップされてます。
http://www2.atpaint.jp/maimaishinko/potiboard.php?res=48

◆すがりさん
渋谷での公開まで一ヶ月を切りましたね。
好立地を活かすためにも、それまでに周知できればいいんですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0120a8a7620d970b

この記事へのトラックバック一覧: 【コラム】妙訳『マイマイ新子と千年の魔法』創作レビュー~マイマイ・ミラクル・ウォーズ:

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter