« 【映画評】ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 | メイン | 【映画評】告白 »

2010年6 月 4日 (金曜日)

【映画評】プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (2010)

古代ペルシャ帝国を舞台に、神秘的な短剣に秘められた“時間の砂”を巡るエキゾチックなアクション冒険ファンタジー。

【満足度:★★★】 (鑑賞日:2010/06/02)

 ファンタジー映画としての作り込みは甘いけれど、アクション冒険活劇として堂々の力作。

 ヒット・ゲームを原案としたアクション・ファンタジー。ただしゲーム版との関連性はなく、完全映画オリジナル・ストーリーらしいです。
 監督は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)のマイク・ニューウェル。
 『アルマゲドン』(1998年)や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(2003年、2006年、2007年)などで知られる名プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが製作。

 ペルシャ帝国が繁栄を誇った古代。スラム街の孤児ダスタンは、ひょんなことから時の国王、シャラマン(ロナルド・ピックアップ)にその勇気と身体能力を認められ、養子として迎えられる。
 それから15年の時が経ち、シャラマン王の血を引く王位継承者の長男タス王子(リチャード・コイル)、次男ガーシヴ王子(トビー・ケベル)に次ぐ第三の王子として育ったダスタン(ジェイク・ギレンホール)。
 たまたま国王の不在時、国境近くの聖なる都アラムートが敵に武器を売りさばいているとの情報を得た彼らは、シャラマン王の弟ニザム(ベン・キングズレー)と会議の末、一気に攻め入ることを決議する。
 かねてからシャラマン王に言われていた「アラムートには手を出すな」との言葉を気に掛けるダスタンは、戦の犠牲を最小限に食い止めるべく、自身の部隊と共に単独行動に出るのだった。
 一方、国の危機に気づいたアラムートの王女タミーナ(ジェマ・アータートン)は、神殿からあるものを避難させるよう、一人の戦士に託す。しかし彼は城壁を越えることに成功したダスタンによって倒されてしまう。彼が命がけで守ろうとした包みからガラスの柄を持つ短剣を手に入れるダスタン。
 ダスタン王子の活躍によりアラムート制圧に成功したペルシャ軍。タス王子はタミーナ王女に自分の妃になるよう要求するが、彼女は頑なにこれを拒む。しかし、ダスタンがあの短剣を手にしているのを目にしたタミーナは…。

 世界観的にはよくある古代ファンタジーものだが、“時間の砂”が本領を発揮するクライマックス以外は魔法が飛び交うような神秘性はあまり感じられなくて、奔放な王子と高飛車な王女の滑稽な掛け合いと華麗なアクションを楽しむ冒険エンターテイメントという趣。
 VFXの成熟によってこの手のファンタジーもの、古代・中世ものが次々作られるようになったが、実写映画は身体を張ってなんぼなんだという意気込みを感じる力作だ。

 冒頭の少年ダスタンの追跡劇を手始めに、すぐさまアラムート侵攻での攻防と、手に汗握るアクションで序盤から大いに盛り上がる。
 もちろん派手なアクションもVFXあっての賜物ではあるのだが、役者の演技の延長上で、それを補うのが視覚効果=ヴィジュアル・エフェクトという、本来こうあるべき演出のさじ加減が素晴らしい。

 VFXを駆使した美術はあくまで世界観を裏打ちする背景、カメラはきっちり演者を追う。
 モロッコ・ロケにこだわった景観の美しさがあってこそCGによるお城の美しさも引き立つし、中盤に登場するダチョウ・レースにいたってはCGとかまったく関係なく、“生”の可笑しみで笑わせてくれる。
 スクリーンに表立って出てくることはないけれど、スタッフ&キャストの苦労が忍ばれるシーンてのは、個人的にも大好きだ。

 ディズニー製作らしくファミリー映画の域を出ていないので、ストーリー的にはおとぎ話そのもの。
 ただ、もろにアメリカのイラク侵攻を彷彿とさせる筋立ては、それで社会派を気取るでもなく、単に突っ込んでくださいという茶化しネタにしかなっていない。
 愉しくあるべきファミリー向け映画でのこういう生臭さは話題作りのための気がして、そのことの方が生臭い。

 むしろ単純な娯楽映画として、悪玉の腹黒さとか、殺し合いでの血の気とか、セクシーなお色気とかといった面でこそ、もうちょっと刺激があってもいいのにって思うのだけれど、まあこれはこれでアリだろう。
 気まずい雰囲気になりようのないハッピーエンドのロマンスは、中高生くらいのデート・ムービーとしても最適。

 あえて難を言えば、鍵を握る“時間の砂”が予想通りのご都合主義な小道具にしかなっていない、ファンタジー映画としてのもの足りなさ。
 時間をいじること自体、ご都合主義と紙一重なので、ここでもう一ひねり予想を覆す大仕掛けを用意してくれなければ傑作にはなりえない。
 思い返してみれば、時間を操るSF映画やファンタジー映画の傑作は、必ずその点での工夫があるんだよね。

 ドラマに深みを求めるような内容ではないし、ちょっと駆け足ぎみの後半の展開も気になったけれど、スクリーンで観てこそのアクションは見応えがあり、いい意味で無難にまとめられた手堅い冒険ファンタジー映画。
 単刀直入なタイトル「プリンス・オブ・ペルシャ」=“ペルシャ王国の王子”同様、「冒険活劇の王道、ここにあり」といった感じで、映画館で映画を観ることの愉しさを覚えた頃のワクワク感を思い起こさせてくれる良作でした。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ジェイク・ギレンホール/ジェマ・アータートン/ベン・キングズレー/アルフレッド・モリーナ/スティーヴ・トゥーサン/トビー・ケベル/リチャード・コイル/ロナルド・ピックアップ
  • 【監督】マイク・ニューウェル
  • 【脚本】ボアズ・イェーキン/ダグ・ミロ/カルロ・バーナード
  • 【スクリーン・ストーリー】ジョーダン・メックナー
  • 【原案】ジョーダン・メックナーによるゲームシリーズ「プリンス・オブ・ペルシャ」
  • 【製作】ジェリー・ブラッカイマー
  • 【製作総指揮】マイク・ステンソン/チャド・オーマン/ジョン・オーガスト/ジョーダン・メックナー/パトリック・マコーミック/エリック・マクレオド
  • 【撮影監督】ジョン・シール,ACS,ASC
  • 【プロダクション・デザイン】ウルフ・クローガー
  • 【編集】マイケル・カーン,A.C.E./ミック・オーズリー/マーティン・ウォルシュ,A.C.E.
  • 【衣装デザイン】ペニー・ローズ
  • 【視覚効果スーパーバイザー】トム・ウッド
  • 【音楽】ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 【提供】ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ/ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
  • 【配給】ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • 【原題】PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME
  • 【字幕翻訳】林完治
  • 【日本公開】2010年
  • 【製作年】2010年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】117分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (22)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0134832832cc970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂:

» 『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 』 (2010) 監  督 :マイク・ニューウェルキャスト :ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、ベン・キングスレー、アルフレッド・モリーナ、スティ...... [続きを読む]

» 【映画】プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂…ですの(ペルシャ語) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日は文化の日 今週は月曜日、火曜日と忙しかったのでこの休みは有りがたいです 娘の中学校は文化祭というこの日にはベタな行事見に行かなかったけどね で、息子も帰省しているので、飯でも食いに行こうかと、夕方から小倉に食事に行きました 行った店は坐和民…ってチェ...... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (Prince of Persia: The Sands of Time) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイク・ニューウェル 主演 ジェイク・ギレンホール 2010年 アメリカ映画 117分 アドベンチャー 採点★★ 初めてスーファミでプリンス・オブ・ペルシャをやった時は、いやぁ驚きましたねぇ。ゲームの内容そのものよりも、なんともヌルヌルクニャクニャ動く主…... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 (単館系)
元々はゲームで1989年にアップルコンピュータで登場しました。 翌年当時の国民機であるNECPC-98シリーズ用に移植されそのゲームの 動きに驚いた... [続きを読む]

» ■映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
エキゾチックなペルシャのマルシェや砂漠の中を、見事なガタイのジェイク・ギレンホールが駆け回る映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』。 なんといってもジェイク・ギレンホールがカッコいい!! あの、見事な胸板の立派な体と、それとはウラハラな少年のようなはにかむ... [続きを読む]

» 映画:プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (よしなしごと)
 まだWindowsが一般的になる前、パソコンと言えば日本ではPC-9801が主流でした。その時はまっていたゲームが初代プリンス・オブ・ペルシャ。当時のパソコンにしては主人公のなめらかな動きや効果音が軽快でかなりはまったアクションゲームでした。(こちらで遊べます。)  “時間の砂”をはじめとする続編はやったことがないですが、そんなゲームが原作の映画プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂を観てきました。... [続きを読む]

» 映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」時を巻き戻して帳消しにしたいもの (soramove)
「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」★★★☆ ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン出演 マイク・ニューウェル監督、117分 、2010年5月28日公開、2010,アメリカ,ディズニー (原題:Prince of Persia/The Sands of Time )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 伝説的アドベンチャー・ゲーム 「プリンス・オブ・ペルシャ」3部作の第1作... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (Movies 1-800)
Prince of Persia: The Sands of Time (2010年) 監督:マイク・ニューウェル 出演:ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、ベン・キングズレー、アルフレッド・モリナ 同名ビデオゲームの映画化で、古代ペルシャを舞台に、王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、敵国の王女の力を借りて、陰謀を暴く鍵となる“時間の砂”の争奪戦を繰り広げる冒険活劇。 他のゲーム映画と同様に、どこかで見聞きした憶えのある光景が満載された、いかにもジェリー・ブラッカイマー印という感じの大味な... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ハリウッドきってのヒットメーカー、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの製作ジェリー・ブラッカイマー最新作。それは時を操る“時間の砂”をめぐる、壮大な謎と冒険の物語。 物語:強大なペルシャ帝国のシャラマン王第3王子であるダスタンは、勇猛果敢な若者。....... [続きを読む]

» 『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』 注目を集めるのは誰か? (映画のブログ)
 ペルシャとは、現在のイランである。  いや、国境などというものは時代と共に変遷するから、現在のイランはかつてのペルシャの中央部分に... [続きを読む]

» 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 (みんなシネマいいのに!)
 古代ペルシャを舞台に父王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、時を戻すことができる“ [続きを読む]

» 映画:プリンス・オブ・ペルシャ Prince of Persia B級古代物 +α 的展開が笑える (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
この映画を見始めて、まず思ったのは「またか」 というのは、ヒロインがやはり最新の「古代映画物」と「同一人物」だったからだ! その映画は既に記事アップしている、タイタンの戦い Clash of the Titans 最後まで一気に見せるリメイク活劇(2010-04-05アップ) 以下、引用。 <偶然にも? 最近の007シリーズに出演した2人の俳優が出演している。 <(中略)と、サブ・ボンドガール(「慰めの報酬」でのジェマ・アータートン) <個人的には、ジェマ・アータートンのいわゆるギリシア神話的... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (だらだら無気力ブログ)
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど、多くの作品に携わってきた ジェリー・ブラッカイマー制作による古代ペルシャを舞台にしたアクション・ アドベンチャー大作。 父親殺しの濡れ衣を着せられた王子が、過去にさかのぼれる“時間の砂”を 巡る騒動に巻き込まれ..... [続きを読む]

» 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 (みんなシネマいいのに!)
 古代ペルシャを舞台に父王殺しの濡れ衣を着せられた王子が、時を戻すことができる“ [続きを読む]

» [Dzإץ󥹡֡ڥ륷/֤κ٤Ѥ] (شųߡ ŷͥХġ byߥåɥʥȡ)
ʤƥƥפʪϡͽĴ¤ڤ ϡΡꥫǻȻפäƤΤǡ褦ʺʤŪʵѤʷϵޤȤäƥ󥹥Ȥ˺Ƥ륢ꥫ֤ʤʤʹʤפʤɤȤפ... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 (yanajun)
映画『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェリー・ブラッカイマーが製作を務め、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェル監督がメガホンをとり、『ゾディアック』のジェイク・ギレンホールが主人公..... [続きを読む]

» 映画レビュー「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆古代ペルシャ版「グリーン・ゾーン」はド派手なアクション・アドベンチャー。ギレンホールの肉体改造が見ものだ。 【55点】 孤児のダスタンはその度胸を見込まれペルシャ帝国の王の養子と...... [続きを読む]

» 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 アメリカのゲームメーカー・Brøderbund社の人気ゲームを、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジェリー・ブラッカイマー制作、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のマイク・ニュ... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジェイク・ギレンホールのイメージとは程遠そうな映画の予告を見て、期待半分、疑念半分で鑑賞(笑)―【story】孤児ながら、ペルシャ帝国の王の養子に迎えられ王子となったダスタン(ジェイク・ギレンホール)は、敬愛する父王の暗殺犯の罪を着せられ、帝国の敵となる。ダスタンは、アラムートの王女タミーナ(ジェマ・アータートン)とともに逃げ、無実の罪を晴らそうとするが―     監督 : マイク・ニューウェル 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』     製作 : ジェリー・ブラッカイマー【comment】なには... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (C note)
元ネタであるゲーム『プリンス・オブ・ペルシャ』は、初代のスーパーファミコン版をむ [続きを読む]

» 映画:「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」♪ (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月3日(木)#63647;。 映画:「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」レポ 監 督:マイク・ニューウェル 原 題:PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME 製 作 年:2010年 製 作 国:アメリカ 配 給:ウォルトディズニー キャスト:ジェイク・..... [続きを読む]

» プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 (LOVE Cinemas 調布)
ジェリー・ブラッカイマーが製作するアクションアドベンチャー。聖都アラムート侵攻、義父王暗殺、それら全ては時間を遡り過去を変えられる“時間の砂”を巡って渦巻く陰謀だった…。主演は『ブローバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホール、共演に『007/慰めの報酬』のジェマ・アタートンやベン・キングスレーが出演。監督は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』マイク・ニューウェル。... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter