« 【映画評】花のあと | メイン | 【映画評】レポゼッション・メン »

2010年7 月 7日 (水曜日)

【映画評】月に囚われた男 (2009)

3年間の契約で月面の資源採掘にひとり従事していた男が、地球帰還目前に遭遇した衝撃の真実。

【満足度:★★★☆】 (鑑賞日:2010/06/30)

 レトロ感漂う近未来SF。
 意外性は乏しいものの、じっくり練られた密室サスペンスが最後まで飽きさせない。

 月の裏側のエネルギー資源ヘリウム3採掘現場にひとりで派遣されたサム・ベル(サム・ロックウェル)。3年契約のここでの単身赴任もあと2週間で終わろうとしていた。もうすぐ家族の待つ地球に帰れる。
 そんなとき、サムは幻覚を見るようになり、月面車の操縦中にうっかり事故を起こしてしまう。
 助け出されたサムは治療台の上で目覚める。しかし基地内で唯一の話し相手であるロボットのガーティ(声:ケヴィン・スペイシー)の言動に不審を感じ、改めて事故現場を訪れるのだが…。

 後で知ったが、この作品が長編映画デビューとなるダンカン・ジョーンズ監督は、かのロック・スター、デヴィッド・ボウイの息子さんだそうです。

 宇宙を舞台にしたSF映画ではあるが、派手な要素は何一つない。
 舞台は採掘現場の月面基地周辺のみで、しかも主要登場人物は実質的にサム・ロックウェルが演じるサムひとり。
 ストーリー的にも比較的単純なんだが、ネタバレしないよう配慮すると何も書けなくなってしまう。

 3年間もたった一人で作業させるという設定に少々無理を感じないでもなかったし、ガーティが事故したサムを助け出した方法もうやむやで、評判がいい割にはぬるいSFだなぁと感じながら観始めた。
 しかしそこはさすがに評判がいいだけあって、後半ですべて謎は解ける。なるほど、よく練られた脚本だ。

 まあ正直なところ、こういうSFに慣れていれば、いわゆるどんでん返し的な驚きはあんまりない。
 過剰にCGを頼ったりせず、ミニチュアも駆使した特撮映像や、『2001年宇宙の旅』(1968年、監督:スタンリー・キューブリック)あたりの宇宙船を彷彿とさせる古式ゆかしい美術セットに懐かしさを感じるのと同じように、お話もどこか古典のテイストを漂わせる。
 一応、近未来が舞台なんだが、20世紀の人が考えた21世紀の未来像って感じなのね。
 つまるところ、それらはすべて狙った上での古めかしさ。まさに温故知新。

 そこにあるのは夢の未来世界なんかじゃなく、どこかダークな絶望的未来。
 いや、地球上の人々の状況は描かれないので、そちらが実際にはどうなのかはわからないんだけど、主人公であるサムにとってはまったく救いのない現実が突きつけられる。
 で、そういうSF的舞台装置を用意した上で描かれたのは、今日的な労働者の悲哀なんだと思う。

 そんなに手の込んだ話でもないこの小品の宇宙SFが、その突飛な設定とは裏腹になんとなく身近に感じられるのは、周りが見えないまま働き続けたサムの境遇に共感するからに他あるまい。
 それでいてラストは、この状況を打破するだけのカタルシスがある、好感の持てる終わり方。

 こういう、単純なアイデアをじっくり煮詰めた作品に出逢うと、映画ってやっぱり製作規模だけじゃわかんないよなぁって思える良質なSF映画でした。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】サム・ロックウェル/ドミニク・マケリゴット/カヤ・スコデラーリオ/ベネディクト・ウォン/マット・ベリー/マルコム・スチュワート
  • 【キャスト(声の出演)】ケヴィン・スペイシー
  • 【監督・脚本】ダンカン・ジョーンズ
  • 【脚本】ネイサン・パーカー
  • 【製作】スチュアート・フェネガン/トルーディ・スタイラー
  • 【製作総指揮】マイケル・ヘンリー/ビル・ジブラ/トレヴァー・ビーティ/ビル・バンゲイ
  • 【撮影】ゲイリー・ショー
  • 【編集】ニコラス・ガスター
  • 【音楽】クリント・マンセル
  • 【美術】トニー・ノブル
  • 【衣装】ジェーン・ペトリ
  • 【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 【原題】MOON
  • 【字幕翻訳】小寺陽子
  • 【日本公開】2010年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】イギリス
  • 【上映時間】97分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (15)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0134853e0d48970c

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】月に囚われた男:

» 『月に囚われた男』'09・英 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
日本の2世タレントとは大違いや[E:happy02] もっと読む[E:down] [続きを読む]

» 【映画】月に囚われた男…当ブログではSF作品を観るとつい藤子不二雄の話になってしまいがち (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週も中盤、職場では今日から難しい仕事が数本控えているピロEKです …まぁ気合い入れて頑張ろう…気合い入れるために美味しいお菓子とか買っていこう…とか考え中。 で... [続きを読む]

» 月に囚われた男/Moon(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[月に囚われた男] ブログ村キーワード月に囚われた男(原題:Moon)キャッチコピー:契約期間:3年赴任地:月労働人数:1人このミッションは何か、おかしい。 製作国:イギリス製作年...... [続きを読む]

» 『月に囚われた男』 ラストをぶち壊した理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  毎日、毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ…  と嘆いたのは、450万枚以上という日本最大のセールスを... [続きを読む]

» 月に囚われた男 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:月に囚われた男 制作:2009年・イギリス 監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ あらすじ:近未来の世界。サム・ベルはエネルギー採掘のためにルナ産業により月の基地へ3年間派遣される。通信衛星の故障のために地球との通信は録画データのやり取りを行うのみで、話し相手は人工知能を持ったロボットが一台あるのみという孤独な環境だったが、彼は愛する家族のことを想い続けて耐え凌いだ。だが、契約満了まで残りわずかと... [続きを読む]

» 【映画】月に囚われた男 (★紅茶屋ロンド★)
<月に囚われた男 を観ました> 原題:Moon 製作:2009年イギリス 単館系で上映されていて、観に行きたかったんだけど、都合が付かずDVDにて。 新作も安く見られるツタヤ様様です!!大好き! デビッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズの長編初監督作品。 低予算ながらも練りこまれたストーリーと、一人で三役こなしたサム・ロックウェルの演技が光ります。 そう遠くない未来、燃料資源を使い果たした地球。しかし、地球の資源は月の裏側に眠っていた。たった一人月に派遣され、三年の契約で月から資源を... [続きを読む]

» 月に囚われた男 (映画、言いたい放題!)
デヴィッド・ボウイの息子が 監督をするという触れ込みのこの映画。 映画館で観た予告編が面白そうだったので 興味津々でした。 密室のサスペンスって好きなんですよねー。(^^) エネルギー源が枯渇し、 サムは地球で必要なエネルギー源を採掘するため、 3年間の契約で... [続きを読む]

» 囚われたムコ (Akira's VOICE)
「あなたは私のムコになる」 「月に囚われた男」 [続きを読む]

» 月に囚われた男 (小部屋日記)
Moon(2009/イギリス)【DVD】 監督:ダンカン・ジョーンズ 出演:サム・ロックウェル/ケヴィン・スペイシー(声の出演) 契約年数:3年 赴任地:月 労働人数:1人 このミッションは何か、おかしい。 デビッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズの長編初監督作。低予算(4.5億円)ながら、英国アカデミー賞をはじめ世界各国の映画祭で新人監督賞を受賞。本格的SF映画。 近未来、エネルギー源を採掘するため、月にたった一人で滞在させられた男サム。 会社との契約期間は3年。地球との直接交信はでき... [続きを読む]

» 月に囚われた男 (Moon) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダンカン・ジョーンズ 主演 サム・ロックウェル 2009年 イギリス映画 97分 SF 採点★★★★ 哲学本なんてものを読んだ事はおろか、手にした事すらないので“答え”ってもんが一向に浮かばないんですが、映画なんか観ていると時折「“人”の定義ってなんだろ…... [続きを読む]

» 「月に囚われた男」究極の低予算SF映画が描く、究極の単身赴任。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[月に囚われた男] ブログ村キーワード  地球にとって最も身近な天体である、“月”を舞台に描かれる“SFサスペンス”。「月に囚われた男」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。やれ『CGだ!3Dだ!』と騒がしい映画界ですが、この映画は、古き良き時代の正統派SF映画を、思い起こさせてくれます。  近未来、宇宙飛行士のサム(サム・ロックウェル)は、世界最大のエネルギー企業“ルナ・インダストリーズ”と契約して、月の地中に存在するエネルギー資源“ヘリウム3”を採掘して、地球へ送る任務に... [続きを読む]

» 月に囚われた男 (だらだら無気力ブログ)
地球に必要なエネルギー源を採掘するために月の採掘基地にたった一人で 三年間駐留する男があるアクシデントに遭い、それ以降おきる不可解な 出来事に遭遇していくSFミステリー。 主演は『コンフェッション』『フロスト×ニクソン』のサム・ロックウェル。 監督はデヴィ..... [続きを読む]

» 月に囚われた男 (LOVE Cinemas 調布)
あのデヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズのデビュー作。2009年度英国アカデミー賞では作品賞にノミネート、監督自身は新人賞を獲得している。地球に必要なエネルギー源を月で掘削ために、3年契約でたった一人滞在する男が体験する奇妙な現象を描いたSF映画だ。主演は『フロスト×ニクソン』のサム・ロックウェル。他にも『スパイアニマルGフォース』では声優も務めている。... [続きを読む]

» 月に囚われた男/ MOON (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デビュー作ながら、様々な映画祭で新人賞などを受賞、 デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督作 そこもちょっと興味あったけど、一番惹かれたのは単に主演がサム・ロックウェルだったから{/hikari_blue/} Twitter企画で、冒頭18分を自宅のパソコンで決められた日時に一斉に配信されたのを観て、つぶ... [続きを読む]

» 『月に囚われた男』 (シネマな時間に考察を。)
無機質な閉塞空間だけをぽっかりと浮かばせたなら、 そこに疼くのは人間臭い自尊心、identityへの思考の渦。 途方もない時間が連れて来るものは、絶望。 囚われているものについての、憂慮への闘い。 『月に囚われた男』 MOON 2009年/イギリス/97min 監督:ダンカ... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter