« 【映画評】月に囚われた男 | メイン | 【映画評】踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! »

2010年7 月 8日 (木曜日)

【映画評】レポゼッション・メン (2009)

非情な人工臓器の取りたて屋、通称レポ・メンが自身も人工臓器を埋め込まれる悲劇を描いたSFバイオレンス・アクション。

【満足度:★★☆】 (鑑賞日:2010/07/07)

 流行なのか、最近多い気がする近未来SF。
 これもまた一風変わったアイデアでなかなか面白い。ただちょっと煮つめ不足。

 政府が財政破綻した近未来。
 人工臓器ビジネスで大成功を収めていたユニオン社は、どんな臓器でも患者に提供していた。重いローンを課すことを条件に。
 しかし当然、その高利ローンが支払えなくなる者も少なくない。
 ユニオン社の社員、レミー(ジュード・ロウ)は、そんな返済不能に陥った債務者から人工臓器を回収する取り立て屋、通称レポ・メンの一員。親友ジェイク(フォレスト・ウィテカー)と競い合うその仕事ぶりは完璧だった。
 患者の体内からの人工臓器の回収、それは多くの場合患者の死を意味したが、「仕事は仕事」と割り切るレミーらは、華麗な手さばきで仕事をこなす。
 しかしレミーの妻キャロル(カリス・ファン・ハウテン)はそんな血なまぐさい仕事を嫌い、レミーに販売係への転属を懇願していた。
 そんな折、レミーは仕事中の事故で人工心臓の移植を余儀なくされる…。

 よくあるSFの世界観を借りたアクションSFかと思いきや、冒頭、いきなり主人公レミーの口から量子力学の思考実験「シュレーディンガーの猫」が語られ、こりゃまた本格的な哲学系ハードSFだわと身構えることになる。
 この映画の中で描かれる未来都市も、あちこちに日本語がちりばめられた無国籍な感じの『ブレードランナー』(1982年、監督:リドリー・スコット)を彷彿とさせるもので、そういう面からも一筋縄でいかない予感を受ける。
 人工臓器によって人が人ならざる者との境で苦悩し、人間としての自己のありようを見据えるという点では、おおかたそういう目論見を持ったSFだと思うし、結末もそれに沿った落としどころになっている。

 近未来SFとしては、「人工臓器に隠された欠陥が!」とかいった安易な科学批判に行かなかったのが面白い。
 話は人工臓器そのものではなく、そのローンが払えなくなった者への回収システムを中心に廻る。そんなひねりの利いた作品世界の中で、問題を起こすのは人間の業(ごう)だ。
 社会風刺も織り込んだ良くできたSFの世界観だが、しかし高みを目指したこの作品の目論見は、すんでのところでうまくいっていない気が。

 この映画、一応、衝撃の結末という触れ込みなのだが、伏線の張り方が下手なので、正直なところまったく驚けなかった。
 最初に“あの人”が細工した瞬間からして演出的に不用意で、すぐに先が読める。まあ、そこまでは話としては前段なので、隠すつもりもなかったのかも知れないが、それにしては中途半端に隠している印象で釈然としない。
 それ以上に問題なのは、これ見よがしなセリフで“あれ”を説明するから、最後の大どんでん返しも容易に予想がついた。冒頭のセリフが物語るこの映画のテーマから考えても、そこしか落としどころがないんだもの。

 でも、これまたセリフによる安っぽい伏線でわかりやすく提示されていた決戦の地の先で行われた“秘め事”は、ちょっと予想できなかった。
 表面的には突飛な設定のこのSF映画、人間のアイデンティティを問う哲学的なテーマの一方で、すれ違いの愛を描いたラブファンタジーという側面もある。
 それは夫婦愛だったり、親子愛だったり、親友の愛だったり。だが最後までそれらが満たされることはない。
 そう考えると、クライマックスに醸し出される場違いなエロティシズムも、身体の一部が人工臓器、すなわち人間として欠けた者同士が互いを認め、足りない何かを与え、満たそうとする“愛情表現”だとわかる。
 だが哀しいかな、その“愛のある世界”は“内”も“外”もすべて“自己愛”によるものだったと提示される皮肉な結末。

 ただ、そのクライマックスでのエロティシズムを狙った演出もいまいちパッとしない。
 狙いほどにはエロスを感じられず、真意の伝わりにくい中途半端さもあるが、どちらかというと「なにやってんだ?」との唐突感にあっけに取られてしまった。
 その唐突感が滑稽で、そこを面白いと言えば面白かったんだけど。

 結局のところ、いろいろと面白そうな要素はあるのに、どういう見方をしても中途半端だったかな。
 哲学SFとしても、バイオレンス・アクションとしても、単純などんでん返しものとしても吹っ切れていない感じで。逃避行の中盤も中弛みを感じたし。

 惜しいのよ。もうちょっとで後世に名を残す骨太なSFバイオレンスになれたのに。
 ここはぜひ、ユニオン社にお願いして換骨してもらいましょう。ローンはもちろん、出世払いで。

作品データ - Film Data

  • 【キャスト】ジュード・ロウ/フォレスト・ウィテカー/アリシー・ブラガ/リーヴ・シュレイバー/カリス・ファン・ハウテン/チャンドラー・カンテベリー
  • 【監督】ミゲル・サポチニク
  • 【原作】エリック・ガルシア「レポメン」
  • 【脚本】エリック・ガルシア/ギャレット・ラーナー
  • 【製作】スコット・ステューバー
  • 【製作総指揮】ミゲル・サポチニク/ジョナサン・モーン/マイク・ドレーク/ヴァレリー・ディーン/アンドリュー・Z・デイヴィス
  • 【撮影監督】エンリケ・シャディアック
  • 【プロダクション・デザイン】デヴィッド・サンドファー
  • 【編集】リチャード・フランシス=ブルース
  • 【衣装】キャロライン・ハリス
  • 【音楽】マルコ・ベルトラミ
  • 【配給】東宝東和
  • 【原題】REPO MEN
  • 【字幕翻訳】岡田壯平
  • 【日本公開】2010年
  • 【製作年】2009年
  • 【製作国】アメリカ
  • 【上映時間】111分

コメント (0)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック (13)

この記事のトラックバックURL: ※承認制
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128762d7a9d970c0133f221b39c970b

この記事へのトラックバック一覧: 【映画評】レポゼッション・メン:

» レポゼッション・メン (RISING STEEL)
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (No Movie, No Life)
レポゼッション・メン  原題:Repo Men http://repo-men.jp/ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=336631 http://www.imdb.com/title/tt1053424/ ジュード・ロウ主演のSFサスペンス... [続きを読む]

» 『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010) 監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 …... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (映画的・絵画的・音楽的)
 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。 (1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かなり社会性も帯びているようです。  すなわち、この作品では、ほとんどあらゆる種類の人工臓器が作られている近未来において、それを製造・販売する企業・ユニオン社が、移植にかかる高額の費用を患者に融資しながら営業を拡大しているとされます。  ただ、他方で... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (心のままに映画の風景)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。... [続きを読む]

» 映画「レポゼッション・メン 」人工臓器は人間の未来を明るくできるのか (soramove)
「レポゼッション・メン 」★★★☆ ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー出演 ミゲル・サポチニク監督、111分、2010年7月2日公開、2010,アメリカ、カナダ,東宝東和 (原題:REPO MEN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジュード・ロウが何故この映画に出ようと思ったんだろう、 そんなことを見ている間中、ずっと考えていた、 ピストルだけならま... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (LOVE Cinemas 調布)
ベストセラー作家エリック・ガルシアの原作小説「レポメン」を映画化。高額な人工臓器のローン返済が滞るとレポメンによる強制的な回収が待っている…という近未来SFサスペンスだ。主演はジュード・ロウ。共演にフォレスト・ウィティカー、『X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、『ブラインドネス』のアリシー・ブラガが出演。監督はミゲル・サポチニク。... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が得..... [続きを読む]

» 『レポゼッションメン』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 最後の最後にある映画のタイトルを引き合いに出しています。 ご覧になるご予定の方は もうしわけありませんが、 公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Repo Men) 「いやあ、これはなかなかよくできた映画だわ。 やはり映画は観てみなくちゃだね」 ----そりゃあ、そうだよ。 でもこの映画って、 『REPO/レポ』とタイトルが似ているけど、 リメイクってわけ? 「いやあ。ぼくもmigさんからご指摘を受けるまで勘違いしていたけど、 あの映画とはまったく違う。 も... [続きを読む]

» 映画「レポゼッション・メン」@東宝東和試... (masalaの辛口映画館)
 今回は約40名ほどのブロガーが集められたブロガー試写会だ、客席はほぼ満席。   映画の話 人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと... [続きを読む]

» レポゼッション・メン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:REPO MEN。ミゲル・サポチニク監督、ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ。ウィリアム・シェイクスピアの「ヴェニスの商人」と「サロゲート」を組み合わせて「ブレードランナー」の雰囲気を加味したような近...... [続きを読む]

» レポゼッション・メン /Repo Men (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ニコラス主演、リドリースコット監督作「マッチスティック・メン」の原作者が脚本{/shootingstar/} 待ってました、日本上陸{/ee_3/}でも地域によってはやらないみたい(ヒドい{/dododo/}) 去年公開された、ダーレン・リンバウズマン監督の「RePo!/レポ」{/fuki_suki/}と 臓器回収と... [続きを読む]

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter