コラム - Columns

2011年4 月13日 (水曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』マイマイ探検隊アルバム2011春・後編~片渕須直監督と歩く『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊5

 マイマイ探検隊アルバム後編は昼食時から解散までです。(前編はこちら

 《主な訪問先》
 国衙会館にて昼食→勝間神社→カネボウ跡地→ロックシティにて解散

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』マイマイ探検隊アルバム2011春・後編~片渕須直監督と歩く『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊5" »

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』マイマイ探検隊アルバム2011春・前編~片渕須直監督と歩く『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊5

 ずっとご無沙汰してまして、これが今年最初の更新となります。
 まずは3月11日の東北地方太平洋沖地震の犠牲になられた方々に深くお悔やみ申し上げますと共に、被災された方々、その関係縁者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。いまだ予断を許さない状況が続いておりますが、一日も早い復興をお祈りしております。

 さて去る4月3日、「片渕須直監督と歩く『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊5」が桜の満開を数日後に控えた山口県防府市で行われました。
 前日の2日には「片渕須直ナイト3」も催されていたのですが、今回自分はそちらには参加できず、2日の夜に寝台特急に飛び乗り、なんとか3日朝からの探検隊に間に合いました。
 というわけで、念願叶った『マイマイ新子と千年の魔法』ロケ地巡りの模様をスナップ写真にてお伝えしたいと思います。(前後編それぞれ85枚、合計170枚)

 せっかくのロケ地巡りですから、本来でしたら場所の説明などキャプションを付けたいところなのですが、現在あまり時間を割けないため、写真の掲載のみとなります。ごめんなさい。

 《主な訪問先》
 ルルサス防府わっしょい広場マイマイ新子の部屋集合→JR防府駅(旧三田尻駅)→ほうふ昭和館→松崎小学校→佐波神社→周防国衙跡→国衙会館にて昼食

 前編はこの国衙会館に到着するところまでです。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』マイマイ探検隊アルバム2011春・前編~片渕須直監督と歩く『マイマイ新子と千年の魔法』探検隊5" »

2010年10 月24日 (日曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』待っててね、待っちょるよ~第23回東京国際映画祭みなと上映会

 昨日23日に第23回東京国際映画祭が東京・六本木ヒルズで開幕しました。
 そしてその初日、映画祭の共催企画“みなと上映会”の一本として『マイマイ新子と千年の魔法』が上映されました。
 『マイマイ新子と千年の魔法』としては、昨年の第22回にも関連イベント「アニメーションmeetsロケーション~ヒットアニメに学ぶロケハン術!」で片渕須直監督が講演されている(報道記事:プレセペアニメ!アニメ!)ので、同一作品で2年連続東京国際映画祭参加という快挙!

 自分は当初この日は東京にいないはずだったので参加は諦めていたのですが、急遽そちらの予定が変わったお陰で、このめでたい席に立ち合わせていただくことができました。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』待っててね、待っちょるよ~第23回東京国際映画祭みなと上映会" »

2010年8 月24日 (火曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』なつやすみ野外上映会・後編~第16回 KAWASAKIしんゆり映画祭2010

 前編からのつづきです。

 後編はいよいよ映画で音楽を担当されたMinako"mooki"Obataさんらによるステージイベント、そしてお待ちかね夜空の元での『マイマイ新子と千年の魔法』野外上映です。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』なつやすみ野外上映会・後編~第16回 KAWASAKIしんゆり映画祭2010" »

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』なつやすみ野外上映会・前編~第16回 KAWASAKIしんゆり映画祭2010

 マイマイ新子ファンの間でかねてから話題になっていた、8月22日(日)に催された神奈川県川崎市立麻生小学校校庭での『マイマイ新子と千年の魔法』野外上映会に行ってまいりました。

 このイベントは、10月9日から開催される第16回 KAWASAKIしんゆり映画祭2010の夏休みイベントとしての野外上映会なのですが、なんと言っても映画『マイマイ新子と千年の魔法』初の野外上映ですからね、マイマイ新子ファンが盛り上がらないわけがありません。関係者のほか、いつもお顔を拝見するファンの姿も何人も見えられ、ファンの贔屓目でしょうが、さしずめマイマイ新子夏祭りの様相でしたよ。

 ということで、その模様をスナップ写真でお伝えしようと思ったんですが、うまく枚数を絞り込めなかったので後編の2ページに分けました。(それぞれ50枚、合計100枚)
 この楽しさが少しでも伝わればいいのですが。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』なつやすみ野外上映会・前編~第16回 KAWASAKIしんゆり映画祭2010" »

2010年8 月20日 (金曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』こどもたちに届け!~キンダー・フィルム・フェスティバル

キンダー・フィルム・フェスティバル

 DVDも発売されたのにまだまだ話題の尽きない『マイマイ新子と千年の魔法』、昨日19日には、こどもたちの国際映画祭・キンダー・フィルム・フェスティバル(調布会場)でコンペティション作品として上映されました。
 自分の地元ということもあり、久しぶりにスクリーンで新子たちと再会すべく、僕も駆けつけましたとも。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』こどもたちに届け!~キンダー・フィルム・フェスティバル" »

2010年7 月25日 (日曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』あの日見たエンド・マーク~望郷の広島サロンシネマ

 去る23日に『マイマイ新子と千年の魔法』のDVDが発売されました。が、自分はまだ入手できてない。予約はしてあるんだけど取りに行けてないのね。うぅ。今日受け取りに行くさ。

 と、世間じゃDVD発売の話題で持ちきりですが、DVDの件はとりあえず置いておいてですね、『狂人ブログ ~旅立ち~』さんとこに、DVDが発売されたにもかかわらず現在『マイマイ新子と千年の魔法』を上映中の広島サロンシネマでの鑑賞報告「サロンシネマにて、7度目の鑑賞」が上がっています。
 こちらを見て思わずペンを取った、いやキーボードを取った(?)次第でして。広島出身の自分にはこれが懐かしくって。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』あの日見たエンド・マーク~望郷の広島サロンシネマ" »

2010年6 月28日 (月曜日)

【コラム】映画版『いばらの王-King of Thorn-』理解の手引き~時系列順あらすじ

いばらの王-King of Thorn-
(C) YUJI IWAHARA/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./Team IBARA

 自分はなかなか愉しめた『いばらの王-King of Thorn-』なんだけど、話自体がよくわからなかったという声を目にするので、自分なりにあらすじをまとめてみました。
 なので、ネタバレ全開です。
 あらすじとは言っても思いつくままの箇条書きで、映画を観ていないとここに書いてあること自体が理解できないと思いますので、まずは映画をご覧になってからお読みください。

 けっこう内容が違うと聞く原作コミックを読んでいませんので、良くも悪くも原作補正のかかっていない、純粋に映画版+劇場用パンフレット+公式サイトだけでの理解です。
 映画的には「虚構と現実」という重要なテーマももっていますが、基本的にそれには言及しません。あくまでストーリー上、起こっていること、推測されることの手引きです。
 けっこう強引に解釈しているところや、やっぱりよくわからない点もあるので、「こういう解釈もあるんだ」ぐらいに読んでいただければと思います。

続きを読む "【コラム】映画版『いばらの王-King of Thorn-』理解の手引き~時系列順あらすじ" »

2010年6 月25日 (金曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』七日七晩輝いて~下松かなえの松

 ロングラン上映が続いた『マイマイ新子と千年の魔法』(公式サイト)も、通常上映は7月2日(金)まで上映中の川越スカラ座を残すのみとなりました。
 ただし第16回宮崎映画祭の上映作品として、7月4、5、7、9日に宮崎キネマ館で上映されますのでこちらもお忘れ無く。
 いずれにせよ、一ヶ月後の7月23日(金)には待望のDVDも発売されますし、映画館で観られる機会はひとまずこれらで最後になりそうです。


《2010/06/25 14:50追記》
と、この記事をUPした直後に、またまたあのラピュタ阿佐ヶ谷で、7月17日(土)~23日(金)にレイトショー上映されるらしい、という非公式情報を見つけてしまった。公式発表を待て!

 そこでちょっと個人的に原点を振り返ってみたくなりました。
 今でこそ半年以上のロングラン上映が続き、AmazonのDVD予約ランキングでも一時ベスト5に入るほどの勢いも見せる話題作となりましたが、自分にとって『マイマイ新子と千年の魔法』って、昨年暮れのガラガラの客席に通った新宿ピカデリーが忘れられないんですよね。

 初めて観た12月2日(水)こそレディースディで女性を中心に結構お客さんも入っていた印象でしたが、その次に観た4日(金)以降は115席のスクリーン10に、いつも10人前後のお客さんだったと思います。少ないときには4~5人程だった気が。
 でもいよいよ上映の最終週、目に見えて状況が変わっていきました。上映時間は朝9:40からの一日一回こっきりになったのに、お客さんが明らかに増えていた。最終日の17日(木)にはスクリーン8の157席の8割方は埋まっていたんじゃないでしょうか。
 最後の上映を終えて席を立つと、廊下には関係者と思わしき方たちが何人もいらしてた。こんないい映画なのにガラガラって状況が哀しく、ただ一席でも埋めたいとの独りよがりな思いもあって通い詰めていたのですが、あのときは「関係者もこの状況を気にしてたんだ」って、当然といえば当然のことに妙に感心したものです。
 その後のラピュタ阿佐ヶ谷での伝説的なレイトショー「大人のためのマイマイ・ナイト」には事情があって行っていません。連日満員札止めの状況を伝え聞くに、自分の知っている『マイマイ新子と千年の魔法』とは違う映画の話かと思うほどの盛況ぶりにただただ驚くほかなかったです。
 新宿ピカデリーでの最終週にもその片鱗は見えていましたが、あの輝ける成果こそがその後の快進撃の口火を切ったことは疑いようもない事実でしょう。

 閑話休題。思い出話はこのぐらいにして、映画の話。

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』七日七晩輝いて~下松かなえの松" »

2010年6 月16日 (水曜日)

【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』もうすぐ大人が童心に帰る夜、まだまだ間に合うマイマイオールナイト

 片渕須直監督による傑作アニメ映画『マイマイ新子と千年の魔法』を中心としたオールナイト上映イベント『大人が童心に帰る夜~マイマイオールナイト』まであと3日となりました。
 未定だった4本目の上映作品も発表されたようなので、あらためておさらい。

『大人が童心に帰る夜』マイマイオールナイト

イベント概要
 片渕須直監督作品「マイマイ新子と千年の魔法」を中心とした“大人が童心に帰る”をテーマにした映画鑑賞会、及び同作品をテーマとしたステージイベント。当企画は、ファン有志による自主企画です。様々なイベントをご用意して、皆様のお越しをお待ち致しております。

イベント詳細
・日時:2010年6月19日(土曜日) 22時開場/22時30分開演 翌20日朝5:30時まで(予定)
・場所:シアターTSUTAYA(渋谷区円山町)シアター1[席数:264席(250席分を販売予定)] ※THX認定シアター
・チケット料:3,000円(税込・全席指定)※劇場窓口並びにオンラインにて販売中。

上映作品
・『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年、片渕須直監督)
・『アリーテ姫』(2000年、片渕須直監督)
・『ACE COMBAT 04 shattered skies』(2007年11月にフランス・リール市で回顧展上映された、ゲーム内ムービー特別編集版、片渕須直監督) ※日本の劇場では初上映
・『ピアノの森』(2007年、小島正幸監督)

ステージイベント『バー・カルフォルニア 渋谷支店』
 片渕須直監督を囲んだトークセッション、及び二人のアーティストのライブパフォーマンス等をステージにて行います。
《ライブパフォーマンス出演者》
村井秀清氏Minako“mooki”Obata氏(「マイマイ新子」音楽)

《トークセッション出演者》
片渕須直監督
開田裕治さん(イラストレーター)
立川談之助さん(落語家)

《ステージイベント司会進行》
吉田尚記氏(ニッポン放送アナウンサー)

当日はステージの模様をU Stream.TVにて、リアルタイムネット中継を行う予定です。
(作品上映中の中継は致しません)

主催:マイマイオールナイト事務局
・イベント告知用webページ http://mmallnight.mu-sic.jp/
・公式ブログ マイマイオールナイト事務局通信
・公式Twitter @MMAllNight

協力:「マイマイ新子」製作委員会

続きを読む "【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』もうすぐ大人が童心に帰る夜、まだまだ間に合うマイマイオールナイト" »

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter