*満足度:★★★★ 

  • 2011年10 月31日 (月曜日)
    【映画評】ミッション:8ミニッツ (2011) 【★★★★】
    8分間だけ犠牲者の意識に入れる装置を使って、連続爆破テロの犯人を突き止めようとするSFサスペンス。
  • 2011年7 月23日 (土曜日)
    【映画評】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [3D] (2011) 【★★★★】
    ハリーとヴォルデモート卿の運命の闘いがついに決着!
  • 2011年7 月21日 (木曜日)
    【映画評】大鹿村騒動記 (2011) 【★★★★】
    江戸時代から続く村歌舞伎を守る山村を舞台にして軽妙に描かれる原田芳雄主演の人間喜劇。
  • 2010年8 月27日 (金曜日)
    【映画評】カラフル (2010) 【★★★★】
    生まれ変わって新しい身体を手に入れた〈ぼく〉の魂が、友情を育む中で成長していく姿、彼の家族の再生を描いた青春ファンタジー。
  • 2010年7 月 3日 (土曜日)
    【映画評】花のあと (2009) 【★★★★】
    ただ一度竹刀を交えただけの男のために仇討ちをする女剣士を時代劇初挑戦の北川景子が演じる、藤沢周平原作の時代劇。
  • 2010年6 月27日 (日曜日)
    【映画評】さんかく (2010) 【★★★★】
    倦怠期の同棲カップルのもとに彼女の中学生の妹が転がり込んでざわめく、三角関係未満の微妙で過激な恋模様。
  • 2010年4 月10日 (土曜日)
    【映画評】プリンセスと魔法のキス (2009) 【★★★★】
    魔法でカエルの姿にさせられた王子様にプリンセスがキスをすると奇跡が起きるディズニーお得意のプリンセス・ミュージカル。
  • 2009年12 月26日 (土曜日)
    【映画評】アバター [3D] (2009) 【★★★★】
    地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。
  • 2009年9 月24日 (木曜日)
    【映画評】おと・な・り (2009) 【★★★★】
    人生の分岐点にさしかかった30歳の男女が、壁一枚隔てた“おとなりさん”と、“音”を通じて心を通わすハートウォーミングなラブストーリー。
  • 2009年8 月 2日 (日曜日)
    【映画評】ボルト [3D] <日本語吹替版> (2008) 【★★★★】
    ハリウッドのスタジオ育ちで自分をスーパー犬と信じ込んでいたボルトが、スタジオ飛び出して嘘を知ってもなお飼い主ペニーを信じて旅するアドベンチャー・アニメ映画。
  • 2009年6 月28日 (日曜日)
    【映画評】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 (2009) 【★★★★】
    汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンのパイロットとして運命に翻弄される子供たちの苦闘を描いた新装エヴァ第2弾。
  • 2009年6 月 2日 (火曜日)
    【映画評】主人公は僕だった (2006) 【★★★★】
    自分の人生の末路を決めてしまう作家の声が聞こえてくるファンタジー。
  • 2009年3 月11日 (水曜日)
    【映画評】ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー (2008) 【★★★★】
    ディズニー・チャンネルで大ヒットしたミュージカル学園ドラマの劇場版。
  • 2009年3 月10日 (火曜日)
    【映画評】ヤッターマン (2009) 【★★★★】
    数々の流行語を生み出した名作ギャグアニメ『ヤッターマン』を奇才三池崇史監督が実写映画化。
  • 2008年11 月26日 (水曜日)
    【映画評】ハッピーフライト (2008) 【★★★★】
    空港で働く人々の姿を克明を描いたコメディタッチの群像劇。
  • 2008年11 月23日 (日曜日)
    【映画評】ブラインドネス (2008) 【★★★★】
    「白の闇」と称される突然失明する謎の伝染病によって人々が極限状態に追い込まれるパニック・サスペンス。
  • 2008年11 月 2日 (日曜日)
    【映画評】ICHI (2008) 【★★★★】
    綾瀬はるかが女座頭市を演じるチャンバラ時代劇。
  • 2008年10 月 6日 (月曜日)
    【映画評】おくりびと (2008) 【★★★★】
    遺体を棺に収める納棺師という陽の当たらない職業を通じて“生きる”という人の営みを描いた人生賛歌。
  • 2008年8 月 9日 (土曜日)
    【映画評】それでもボクはやってない (2007) 【★★★★】
    痴漢に間違われた青年が身の潔白を裁判で証明しようと試みるが…。
  • 2008年8 月 8日 (金曜日)
    【映画評】ノーカントリー (2007) 【★★★★】
    訳ありの大金をせしめたがために、通る道に死体の山を築く冷徹な殺し屋に追われる羽目になった男の逃亡劇。

このページについて - About This Page

  •  『未完の映画評』は、映像業界で働く現役現場製作スタッフかみぃによる個人的な映画サイトです。
     “自戒としての映画批評”と銘打ち、映画館まで足を運んで観た劇場公開最新作の批評・感想・レビューをメインに、リアルタイムに進行する製作日誌、映画にとどまらない業界全般にまつわる雑談・裏話なども掲載しています。
     詳しくはこのサイトについてをご覧ください。

最近のコメント - Comments

2012年度 満足度評価 - Rating 2012

  • 2011年12月11日(日)~ 公開作品
  • ★★★★★ ≒ 溺愛
  • ★★★★☆ ≒ 秀逸
    | 最強のふたり | おおかみこどもの雨と雪 | アーティスト |
  • ★★★★ ≒ 満悦
    | 崖っぷちの男 | 捜査官X |
  • ★★★☆ ≒ 良好
    | 映画 ひみつのアッコちゃん | HOME 愛しの座敷わらし | バトルシップ | ドラゴン・タトゥーの女 |
  • ★★★ ≒ なかなか
    | トータル・リコール | 幸せへのキセキ | テルマエ・ロマエ | ももへの手紙 |
  • ★★☆ ≒ まあまあ
    | アベンジャーズ | ダークナイト ライジング | BRAVE HEARTS 海猿 | 臨場 劇場版 | 外事警察~その男に騙されるな | ブライズメイズ~史上最悪のウェディングプラン | ライアーゲーム-再生- | はやぶさ 遙かなる帰還 |
  • ★★ ≒ いまいち
    | エイトレンジャー | Another アナザー | ヘルタースケルター | ダーク・シャドウ |
  • ★☆ ≒ つまらん
    | Black&White/ブラック&ホワイト |
  • ★ ≒ ダメダメ
    | プロメテウス | 幸せの教室 |
  • ☆ ≒ ふざけんな
    |

最近のつぶやき - Twitter

カテゴリー - Categories